So-net無料ブログ作成

豊橋駅前で「なめし田楽」 いちょう@愛知県豊橋市 [全国食べある記]

豊橋駅近くでお昼にしました。

名古屋食の1つ、あんかけスパゲティの店が駅前にあるらしいので、行ってみました。『スパゲッ亭チャオ 本店 』です。名古屋の有名店『スパゲティハウス チャオ 』とは別系列です。

駅からの歩道橋で道路を渡り、電車の走る駅前大通りと広小路の間、ローソン脇の小路を入って、パチンコ屋ニューオーギの2階です。
そのパチンコ屋の前に来たけど、入り口が見あたらない。
休みなのか、場所を間違えたのか、店がわかりません。

時間がないので、別の店に行くことにしました。

歩道橋を降りるときに、「なめし田楽」の看板が目に入ったので、そこに向かいました。「なめし田楽」は、豊橋の郷土料理のようですから。

場所はみずほ銀行が入っている豊栄ビルの地下、地下への入り口はビルの広小路側。

階段を下りると、「なめし田楽」の看板。『 いちょう 豊橋駅前店』なんですけど、『カフェテラスいちょう』という店名になっています。

 

階段を下りると、駅への地下通路に出て、店はその通路にあります。

「なめし田楽セット1200円」というのが目に入りました。

あまり時間がないので、店に入ってレジの店の女性に、
「なめし田楽は、できるまでにどれくらい時間がかかりますか?」と聞くと、15分くらいとのこと。それなら大丈夫なので、早速「なめし田楽」を注文しました。

すると女性が、「1200円のセットですか?」と聞いてくる。
「あっ、はい!」と慌てて答えると、
「もっとお安いのもありますが、よろしいですか?」と言うんです。あれ?

「980円のものもあります。」
「どこがちがうんですか?」
「おかずが1品少ないです。」

おかずが1品少ないとどうなるのかよくわかんないけど、
「じゃあそれでお願いします!」と注文しました。

席についてから、改めてメニューをお願いしました。

さっきの女性が、これですよ、っと示したのが「いちょう弁当990円」。
なめし田楽であれば、ぜんぜん問題ないです。

改めてメニューを見ると、店のイチオシは、まずはやはり「なめし田楽」ですね。けっこう高いです。

メニューで一番安いのが「なめし田楽セット1200円」。
で、ランチのときだけ「いちょう弁当990円」があるんですね。違いは確かにおかずが1品な少ない。でもランチの値段的には、990円でも十分高めの値段です。

ちなみに単品の豆腐田楽(5本)が580円です。居酒屋メニューの値段って感じ。
これをベースにすると、そんな値段になるんだろうけどね。

それから、島田うどん、自然薯と麦飯です。

さて、10分ほどで、なめし田楽が運ばれてきました。

豆腐の田楽になめし、漢字で書けば「菜飯」。とろろとお吸い物、漬け物です。

豆腐田楽は5つ。竹の串に刺さって、赤味噌ダレがかかって、そこに芥子の黄色い一筋、そして木の芽。
田楽が盛られている器が、独特の格好で、年期が入っている。

ごはんは、菜飯。干した大根の葉っぱを混ぜたもの。
そんなにありがたがる食べ物ではなくて、昔からの庶民の食べ物でしょう。

とろろ。すり鉢で擦って、出し汁が入っている本格派のとろろです。
ご飯にかけて食べると、美味しいです。

蛤のお吸い物。サッパリしていて、美味しかったです。

5本の豆腐田楽は、厚さが2センチくらい。

芥子を延ばして、それを菜飯の上に乗せてから食べました。
こういう食べ方がいいらしいです。

豆腐には甘辛い赤味噌だれがかかっています。でも、甘いというわけではなく、甘さは控えめで、ご飯にあいます。

庶民的な菜飯に、豆腐の田楽。豪華さはありません。ここの赤味噌だれは甘さ控えめで、ご飯に合っていて、美味しかったです。食材からみるとヘルシーで、また食べてもいいです。
でも値段が高いんじゃないかな。豆腐田楽って、そんなに高いのだろうか。
某有名店の値段に合わせて、高すぎではないだろうか。
素材からすると、値段も庶民的なものにしてもらいたいのが希望です。

 


タグ:愛知県
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0