So-net無料ブログ作成

佐賀のご当地B級グルメ・シシリアンライスはやはり旨いわぁ アリユメ@佐賀市 [全国食べある記]

佐賀市でランチにします。

佐賀市と言えばご当地B級グルメがあります。「シシリアンライス」という食べ物。いったいどんな食べ物なのか。

佐賀市観光協会のサイトにその説明があります。
要するにご飯の上に肉と野菜をのせてマヨネーズをかけたもの。
いかにも「まかない」っぽい料理です。
昭和50年頃に市内中心部の喫茶店で出すようになったのが市内に広がり、今では20数件で出しているもの。それをまちおこしの材料に使っているってことです。

いったいどの店が発祥で、なぜシシリアン(シシリー風)ライスなんか、よく分かっていない、というこれまた不思議な料理です。

そのシシリアンライスのルーツについて、西日本新聞の記事があるそうです。
それによると、シシリアンライスの発明者だという人が観光協会に投書したそうです。その人は、福岡市の喫茶店でまかない料理として作っていたものを「シシリアンライス」として店のメニューにしたそうです。その喫茶店は、今では福岡市内でイタリアンレストランになっているけど、シシリアンライスはもう出してはいない。でもその喫茶店で働いていた人が佐賀市に帰って、喫茶店を開いたらしく、そこでシシリアンライスを出したのではないか。
なぜそれが「シシリアンライス」なのかというと、かの喫茶店に店主が映画の「ゴッドファーザー」ファンで、それでシシリアンと命名した、という単純な理由からです。
しかしこのことは、観光協会にページには書いてません。

さて、そのシシリアンライスは市内で何店もの店で出しています。その中のどこで食べるか。ルーツの店はすでにないし、またルーツに忠実な店なんてのもないみたいなので、良さげな店を勝手に探すしかない。

ドンキホーテというレトロな喫茶店に行ったんですけど、満席(?)で入れなかった。(写真だけを次回に紹介します)
では、と向かったのがもう1つレトロっぽい店。

アリユメという喫茶店です。

シシリアンライスを出している店は、「佐賀市ご当地グルメ シシリアンライスが食べられるお店」という緑色の幟を店の前に掲げています。(写真はドンキホーテで撮ったもの。)

さて、お店はこの寺元ビルの地階にあります。

階段を下りると飾り棚にコーヒーカップが飾られています。

お店は地階に入ってすぐのところ。

喫茶店らしく(?)日替わりランチがあります。でも「牛亭」って、どんな料理なんでしょ?初めて聞きました。

「九州じゃらん」2月号で「ご当地グルメランキング」が発表されて、「シシリアンライス」がなんと1位になったそうです。(いつの2月号だろ?)

通路を挟んで向かい側に陶器の展示室みたいなスペースがあります。

「こちらでもご飲食できます」って、ここもアリユメのフロアなんですね。

モーニングは450円、トーストモーニングは350円、朝のコーヒーは250円です。
ここでモーニングを食べる人がいるのかな。でもちょっと寒そう。

さて、お店に入りましょう。
店内は、厨房を挟んでカウンター、その他にレストラン風のテーブル席があります。私たちが入ったときは満席状態。でも奥に部屋があって、そこの席に通されました。

そこの席は、背の低いいかにも喫茶店風のテーブル席です。

話が逸れましたけど、席についてメニューを見ると、いろいろあります。
でも何を食べるか決まっています。「シシリアンライス」、650円です。

コーヒーもいろいろあります。喫茶店ですから。

紙ナプキンの上にスプーンとフォークが置かれます。
こういうのは昔ながらの喫茶店のお決まりですね。

まずスープが来ました。

コンソメスープにカイワレが浮かんでいます。
カイワレは生かと思ったら、ちゃんと火が通っていました。

いよいよ来ました、シシリアンライス!

皿に盛られたご飯の上に、刻んだレタスと赤キャベツたっぷり乗って、マヨネーズがかかっている。その上に焼肉が乗って、コーンとカイワレがトッピング。
まわりにトマトが並べられています。

レタスの下にはご飯。そして、わぉ!タレが浸み込んでいる。
上に乗っかった焼肉のタレが下のご飯に浸み込んでいるんです!

タレの浸みたごはんと肉、マヨネーズのかかったレタスを混ぜこぜにして口に運びます・・。
うんまい!うまいよ、これ!

薄めで甘味がある肉のタレ、それとマヨネーズ味がからんだご飯。
ワシワシごはんが進みます。

感じとしてはタコライスに近い味です。でもタコライスのように辛さはなくて、醤油風味の甘辛い味がご飯にあいます。タコライス風にチーズを載せてもいいかもね。

コーヒーも頂きました。

大きなミルク入れ。

せっかくなんでミルクを入れていただきました。
コーヒーが美味しい。喫茶店だもんね。

ちょっと珍しいものがテーブルの上にあります。

爪楊枝。1本ずつ紙を折ったケースに入っています。

食後にレジに向かうと、レジの脇に「本日の野菜産地」が掲げてあります。
リーフレタスは福岡、長崎産、米は「さがぴりか」という品種で「三日月の古川さん家」のものだそうです。
産地表示している喫茶店なんて珍しいけど、国産品を大切にしたいです。

■食べログ: アリユメ


関連ランキング:喫茶店 | 佐賀駅


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0