So-net無料ブログ作成

骨まで軟らかい名物ニシン丼 ちゃんす長野屋@秋田県大仙市 [全国食べある記]

大仙市に来ております。
夕食にちょっと行ってみたいお店があったんです。

JR羽後長野駅のすぐ前にある
「ちゃんす長野屋」さん。

何が「チャンス」なのって?
HPによると・・・。

初代・松下正吉は、関東大震災の後に、ここ中仙町の長野に疎開してきた。
はじめ周囲から"ちゃんちゃん"という愛称で呼ばれていたけど、語尾に敬語の『し(氏)』が付き"ちゃんし"と呼ばれるようになった。
それが次第に"ちゃんす"となって、屋号の『ちゃんす』になったとか。

でもなんで「ちゃん」なのか、よくわかんないですわなぁ。
まぁ、それはそれでいいです。

お店の中は、右にカウンター、左に小上がりがあります。

何にしようか・・

このお店の日替わりランチはお勧めみたいですけど、もうランチの時間帯じゃないです。
「にしん丼」750円が大きく書いてあります。
(ブレていて、とっても見難い写真でゴメンナサイ。)
これが食べてみたかったものなんです。

居酒屋料理もいろいろあります。

かねてより決めていた「にしん丼」を注文しました。

しばらく時間が経ってから運ばれてきました。
夜に注文する人は少ないんでしょうね。

丼のご飯の上に、ドーンとニシンが載っています。

京都にあるニシンそばと同じ意味の「ニシン」です。
身欠きニシンを一日半かけて煮込んだものが、ソバじゃなくってご飯の上に載っている。

実は、とんちゃん、その身欠きニシンが好きじゃないんです。(苦笑)
ニシンそばもかつて1回だけ試して、以後は食べていません。
北海道出身の私は、ニシンと言えば、脂の乗った生ニシン。
身欠きニシンなんて、嫌い!なんです。
子供の頃に親父に無理矢理食わせられたもん。

でも、今回は「名物」だから、食べてみました。
で、どうかっていうと・・・
まさに骨まで軟らかいニシンです。
味付けも濃くもなく薄くもなく、いい感じに炊き込まれている。これはなかなか旨い。
でも「身欠きニシン」独特の香りがする。ここは好き嫌いが分かれるところかな。

本来は好きじゃない身欠きニシンだけど、でも美味しくいただけました。
かなり手をかけた料理ですね。

お味噌汁。

サラダ。

漬け物もついています。

これで750円なら、なかなかのCPだな。

ごちそうさまでした。

食べログ: ちゃんす長野屋




関連ランキング:郷土料理 | 羽後長野駅


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 2

niki

今年はありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします^^

よいお年を~!
by niki (2011-12-30 13:59) 

とんちゃん

nikiさん
こちらこそありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい!
by とんちゃん (2011-12-30 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0