SSブログ
 

新製品ゴールドの再来:ブラックサンダーの実食徹底比較(その5) [ ブラックサンダー新商品]

「ブラックサンダー」とは、東京都小平市にある有楽製菓(株)が製造販売する1個30円の駄菓子。
でもこれがなかなか旨い駄菓子なんです。
テレビでも雑誌でも宣伝していないけど、いまや年間1億個以上を売り上げるお菓子。
どのコンビにでも売っています。

P1120276

バレンタインデーに向けては、東京駅八重洲口地階にある「東京おかしランド」に義理チョコ限定店が開店しました。
そして2月17日(水)~3月14日(月)には「義理のお返しショップ」に衣替え。
しかもホワイトデー用に、北海道限定販売の「白いブラックサンダー」が買えるようです。

そんなブラックサンダーのバリエーションについて2回に分けて記事にしました。
ブラックサンダーとは何かについて詳しくはそちらの記事をご覧ください。
  ブラックサンダーの徹底比較(その1):定番品
  ブラックサンダーの徹底比較(その2):限定品

コンビニに行ったら、新しい商品を発見!w(*゚o゚*)w
早速購入しました。

P1120529
◆ブラックサンダーゴールド
デフォルトのブラックサンダーとよく似ていますが、金色の小袋に入ったブラックサンダー。
2月15日発売だそうです。

今回はその中身を徹底検討です。(*^0゚)v


HPを見ると、「キンピカパッケージに身をつつみ、セレブなアイツが帰ってきた☆」と書いてあります。
この商品は、全くの新発売ではなくって、再来なんですね。
2015年4月に販売されて、1ヶ月で完売したといういわくつきの商品のようです。

驚いたことに値段が30円じゃなくて、40円なんです。
なぜ高いのかの理由は、後ほど明らかにしましょう。

ゴールドには【チョコチャンクプラス】と書いてありますよ。
「チョコチャンク」って、ナニ?
チャンク(chunk)とは、かたまりという意味。
チョコチップよりデカいチョコってこと。それが入っているのね。

しかも【うまい!濃ーい!本場の味!】だって。
「うまい!濃ーい!」はチョコチャンクのことかな。
HPには「チョコチャンクココナッツを加えた 濃厚なチョコ感が味わえる一品」とあります。
なるほど、チョコとココナッツですか!(^∇^)

しかし「本場の味!」ってナニ?
ブラックサンダーの「本場」って、どこだー!

では、中身を見てみましょう。

P1120531
外観は、ブラックサンダーと変わらない。

P1120532
割ってみると・・・おや?まっ黒です。(◎_◎;)

P1120534
かじってみたら、白いハードビスケットがありました。(^∇^)
そして黒い粒と茶色い粒がある。

黒いのがココアクッキー、茶色がチョコチャンクでしょうか。

食べてみると・・・
ビスケットのザックリ感、クッキーのサックリ感という複雑な食感。
そして甘いチョコビターなココアクッキーという味の複雑さ。
そんなブラックサンダーの旨さはそのまま。

しかもそれだけではないんです。
チョコの味が増強されているではないか!ヽ(*'0'*)ツ
きっとチョコチャンクの威力ですよ。
さらにココナッツのフレーバー!

こいつは旨い!
まさにゴールドランクのブラックサンダーです。ヽ(^◇^*)/

では、その内容と原料をチェックしましょう。

P1120530
1本が標準26gで、エネルギーが145kcalです。
デフォルトのブラックサンダーは1本標準21g、110kcalですから・・・
なんと5gも重い!
重量にして、24%も大きい。
しかもカロリーが35kcalも多い!w(*゚o゚*)w
熱量は32%も多い。きっと砂糖が多いんでしょう。
10円高い(33%高い)理由はここらですね。

いったい何が入っているのでしょうか?

デフォルトのブラックサンダーと原材料を比較します。

商品名 準チョコレート その他
ブラック
サンダー
砂糖、植物油脂、脱脂粉乳、全粉乳、乳糖、コアパウダー、カカオマス、食塩 ココアクッキー
【ビスケット原料】
小麦粉、ショートニング、ホエイパウダー、甘味料(ソルビトール)、脹剤、乳化剤、卵殻カルシウム、香料
ブラック
サンダー
ゴールド
砂糖、植物油脂、カカオマス、脱脂粉乳、乳糖、全粉乳、ココアパウダー、食塩 ココアクッキー
ココナッツ

【ビスケット原料】
小麦粉、澱粉、ショートニング、ホエイパウダー、乳化剤、膨脹剤、甘い料(ソルビトール)、香料、卵殻カルシウム

●準チョコレート
ブラックサンダーシリーズは「準チョコレート」というランクのチョコレートを使う「準チョコレート菓子」です。
デフォルトのブラックサンダーとゴールドの原料を比べると、ゴールドは「カカオマス」が前の方にある
これはカカオマスの使用割合が多いってこと。

カカオマスはカカオ豆から作ったチョコの原料。
その55%が脂肪分(ココアバター)で、カカオマスから脂肪分を搾って粉末状にしたものがココアパウダー(脂肪分11~23%)。

カカオマスの分量が多いってことですから、チョコの原料分が多いってこと。
ゴールドはチョコチャンクが入ることで、チョコの分量が多くなっているってことですね。

●準チョコレート以外の原材料

ブラックサンダー:
原材料に「ココアクッキー」が明記されています。
「その他」にあるのはビスケットの原料。
購入した小粒のココアクッキー自社製の大粒のビスケットをチョコと混ぜていると考えます。

ブラックサンダーゴールド:
原材料に「ココアクッキー」が明記されているのはブラックサンダーと同じ。
「その他」にあるのはビスケットの原料に加えてココナッツ

そういうわけで「ゴールド」はチョコの分量が多い
しかもココナッツが入っている。
チョコの分量が多いことが「本場の味!」なんでしょうかね?

ところで・・・
中位のバナナ1本(140g)の可食部(84g)のカロリーは72kcalだそう。
ティースプーンに軽く1杯の砂糖(5g)は19kcalですって。
ブラックサンダーは110kcal、ゴールドは145kcalだから・・・
ブラックサンダーゴールドはバナナ2本分、砂糖だと7.6杯分!

食べすぎには気をつけよう。(*´ο`*)=3


 
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 5