SSブログ
 

オシキリ食品 ポン納豆:なつかしの経木入り納豆 [ 北海道と食]

札幌の実家に帰省したときのこと。
スーパーで懐かしい納豆を発見。

P1220115 
「ポン納豆」

わたしの子供の時には納豆と言えばこのポン納豆でした。
このメーカーは、江別市にある1947年創業のオシキリ食品です。

ただし「ポン納豆」は、オシキリ食品以外も製造していて、とんちゃんが食べていたのは、札幌市にあるマルカワ食品のものだと思います。
どんなパッケージかは、こちらのブログ記事にありました。
 ⇒七転納豆「あれもポン。これもポン。日本各地でポン。」


なぜ「ポン納豆」なのかは後ほどにして、一般に流通している納豆とずいぶんと違うこの納豆の特徴を2つ。 

まずは、パッケージ

いまや納豆は紙カップやプラスチックのパック入り。
でもこれのパッケージは、ビニールに包んだ経木
経木は木を薄く裂いたもの。
それが納豆の湿気を適度に吸収してくれています。
それをさらにビニールで包んであるところがミソ。

昔の納豆は、蒸した納豆を藁(わら)に包み、藁に付いている納豆菌で発行させていました。
しかし藁に包んだ製造法は雑菌が繁殖しやすく、特に夏に製造するのが困難でした。
1918年、北海道帝国大学農科大学(現北大農学部)の半澤教授が納豆の新しい製造法を発表しました。
半澤は、経木に包んだ蒸し大豆に純粋培養した納豆菌を用いて、衛生的にかつ確実に納豆を製造する方法を考案しました。

こうして大正時代以降は、経木に包んだ納豆が全国で販売されます。

もう1つは、内容量
これは100gです。
パック入りの納豆は40gや45gなので、その2倍以上も入っている。
1袋を1人じゃ食べきれなくて、家族でいただく納豆です。

さて、ではポン納豆の実食です。

P1220116 
経木で出来た容器は、パクッと口が開きます。

中には納豆がぎっしり詰まっています。

これを逆さまにすると・・・

P1220117 
ビニールといっしょに、ズルズルっと納豆が出てきます。

P1220118 
袋を逆さまにすると、「ポン」と納豆が出てくるので「ポン納豆」
ポン!と音はしないけど、中身がきれいに出てくるんです。

P1220119 
小粒納豆ではなく、やや大きめの粒
中粒というのでしょうか?

P1220120
パック納豆の2倍以上の量なので、1人にはちょっと多い。

とんちゃんは、これに生卵を加えて食べるのが大好きです。
そうすると、家族でシェアしていただけます。

子供時代からいつも食べていた、とっても懐かしい納豆です。


 
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント