SSブログ
 

黄じいさんが描いたポップな壁画の村 彩虹眷村@台中 [旅行先]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

P1310849

 

カミサンといっしょに台湾ツアー。
3日目は、高雄市のホテルを出発して台中市へ。
台中を代表する観光スポット、彩虹眷村へ行きました。 

P1310839
「彩虹村」「虹の村」という意味。
でも本来は「干城六村」という名の村です。

そして「眷村」(けんそん)とは、台湾で外省人が居住する地区のこと。

外省人とは、第二次大戦後に中国大陸での中国革命に敗れた国民党政府が台湾に移転したときに、大陸から台湾に移動してきた、本籍が大陸各所にある中国人のことで、その数、約100万人以上。
国民党政府は、官僚、軍人、一般公務員、教師、地域に分けてそれらの家族(眷属)用の移民村を建設しました。それが「眷村」です。
老朽化し衛生面で問題がある、住人も減少して治安が悪い等の理由で、1980年代以降に取り壊されている。


それが、なんで「虹の村」になったのか?

香港出身の黄永阜さんが、軍を退役して高雄で暮らした後、1979年からこの眷村で住むようになりました。
しかしその村が、道路が出来るので、住宅の撤去が決まった。
2008年、黄さんは、取り壊し予定の自宅周辺の家の壁にペンキでカラフルな絵を描き始めたのです。
コンクリート塗りの集合住宅は、いつしかポップな建物に生まれ変わっていった。
すると近くにある大学の先生や学生たちが壁画アートに価値を見出して、台中市政府に文化資産として保存するよう申請し、「搶救彩虹村」(彩虹村救助活動)の運動が起こした。
その結果、2010年に、ここが「彩虹芸術公園」として保存されることになったんだそうです。


黄さんは「黄伯伯」(黄じいさん)と呼ばれて、今も健在だそうです。

という「彩虹村」を観光です。

P1310840
ポップな絵の前で、みんな記念写真を撮っています。

P1310842
25号は黄じいさんの家の住所。

P1310849
ここが「爺爺的家」

P1310843
ヘルメットを被った人が描いているところが黄じいさんの家。

P1310843 - 2.jpg
【老兵有】って、退役した黄じいさんが、いまでもここに住んでいるんです。

玄関の前にある箱は、黄じいさんを応援する有志が設置したペンキ代や修理代のカンパ箱。
ってことは、後で知りました。f(^^;)

P1310850

P1310848
「紅福号」はブティックっていうか、土産屋さんです。

P1310858
絵を描いた黄じいさんの写真がありました。
あなたの人生に色彩を加えましょう。

P1310859
黄じいさんが、絵を描いているところ。

P1310847
その黄じいさんの絵をモチーフにしたお土産がいろいろあります。

P1310844

P1310845
3点セットで650元。

P1310846
こんな可愛いベルトがセットです。

P1320226.jpg
紙袋の絵が可愛い。

P1320227.jpg
クリアファイルにも可愛い猫や動物、人がいっぱい。

P1310857
ここは繽紛吧(カラフルバー)。

P1310856
真ん中の女性はカミサンではありません。(念のため)

P1310854
冷凍庫の中にアイスがいろいろ。

P1310853
アイスバーが50元。芒果(マンゴー)、草苺(ストロベリー)、百香果(パッションフルーツ)、青蘋果(グリーンアップル)、芋頭(タロイモ)があります。
ソフトが40元。牛奶(ミルク)、巧克力(チョコレート)、抹茶があります。
彩虹冰棒(レインボーアイスバー)は4種の合体バー。芒果(マンゴー)、蔓越苺(クランベリー)、乳酸(ヨーグルト)、哈蜜瓜(マスクメロンじゃなく、ハネデューメロン)。

P1310852
一本で4つ美味しい彩虹冰棒

P1310855
黄色いマンゴー、赤いクランベリー、白いヨーグルト、緑色のハネデューメロン。
冷たくて、甘くて、おいしいー!o(>▽<)o


 
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント