SSブログ
 

千と千尋の神隠しみたいなノスタルジック世界へ 九份@台湾 [旅行先]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1310881

 

カミサンと台湾ツアー。
台湾北部、新北市瑞芳区にある山間の小さな町・九份(きゅうふん)へ行きました。

「九とは、「9つに分ける」という意味。

かつてここには家が9軒しかなく、物売りに「9つ分」といつも頼んでいたことが由来だと言われています。

そんな山間地の村・九份で金が採掘されてゴールドラッシュの賑わいを迎えました。

1893年に九份で金鉱が発見、1894年には金瓜石という山でも金鉱が発見。
しかしその年から日清戦争に。
日本統治になった1896年から金が採掘され、ゴールドラッシュを迎えます。
金瓜石は田中組、九份を含む地域は藤田組に採掘権が与えられます。
1912年、藤田組の総帥・藤田伝三郎が没し、1914年に鉱山の採掘権を顔雲年に貸出し、1920年には採掘権を譲り、それ以後、顔家(台陽鉱業)が九份の所有者になります。顔家は、そのせいで台湾五大家族の1つになります。
今でもは顔家がオーナーです。
女優・エッセイストの一青 妙さんや歌手の一青 窈さんもその一族です。 


しかし第二次大戦後に採掘量が減り、1971年に閉山。
そんな九份がふたたび脚光を浴び、観光地化します。

1987年、台湾で約40年にわたって続いた戒厳令が解除
その2年後の1989年、二・二八事件を題材にした映画「悲情城市」(侯孝賢監督)がベネチア国際映画祭でグランプリを受賞。台湾で大ヒット。
そのロケ地だった九份のノスタルジックな風景に魅せられ、九份ブームが起こり、観光地化しました。

二・二八事件(ににはちじけん):
1947年2月28日に台北市で発生した事件。その後、国民党政権は台湾全土で、本省人(戦前からの台湾在住者)に長期的な白色テロ(弾圧・虐殺)を行います。
5月には戒厳令を布告し、蒋介石・蒋経国親子による40年間にわたる国民党独裁政治の元でテロは続きます。二・二八事件の犠牲者は1万8千人~2万8千人とされています(1992年の政府公表)。
 ⇒「台湾で起きた228事件とは?」前編後編
 ⇒その時代を経験した台湾の方の記事:「白色テロ」


さらに2001年に公開された宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」に出てくる「湯婆婆の油屋」のモデルだろう、というので、日本人観光客が押し寄せています。

以下の紹介は、バス停から急な石段の豎崎路を上り、山沿いの「基山街」に向かいます。でもこの逆のコースの方が歩き易い一般的コースのようです。

P1310880
こんな急で細い小路「豎崎路」石段だから歩きにくいです。
九份バス停から少し上ると軽便路と交差したところに広場があり、そこからお店が増えてきて、小路の両側にお店が並んでいます。

P1310881
「阿妹茶楼」(あめちゃや)。

chaya.jpg
(Travel Book「千と千尋気分で絶景グルメ!台湾・九份おすすめグルメ7選」より)
「千と千尋の神隠し」に出てくる「湯婆婆の油屋」のモデルじゃないか、と噂されているところ。この建物は、元は工場だったそうで、それを改装したものです。
宮崎俊氏は確かにここに来ました。でも「湯婆婆の油屋」のモデルにしたのはこの外観ではなく、室内の素材だったみたいです。

P1310879
ゴールドラッシュ時代の1914年に開業した劇場「昇平戯院」

当初は「昇平座」として別の場所で開業しましたが、大風で倒壊し、1934年にここに移転。1951年に「昇平戯院」へ改称、現在の建物は1962年に改築されたものです。

1986年に閉館となり、1994年には老朽化していた屋根が台風で吹き飛ばされ、長年、風雨にさらされていました。2010年、新北市政府によって1962年当時の姿に復元されて、2011年にリニューアルオープンしました。


その劇場前の広場からの眺めがいい。
「湯ばあばの湯屋」のモデルと噂される「阿妹茶楼」の写真を撮る絶好のポイント。
しかも日没がシャッターチャンスだというので、それを待つ観光客が人だかり。

P1310882
北西方向に見える海や漁港の景色もきれいです。
手前は蕃子澳(蕃子沖)の入り江と岬、その向こうは埋め立てられて陸続きになったかつての孤島・八斗子。海に浮かぶ小島は基隆嶼(基隆島)でしょう。

P1310884
海に向かう斜面に立つ九份の建物たち。
この方角の背中側に「阿妹茶楼」があるけど、群衆で写真が撮れない。 (*´ο`*)=3 

P1310885
さらに石段を登ると、それにクロスして、うねうねとした小路「基山街」にお店が並んでいます。

P1310886
ここは屋根があって、ま、アーケードですね。

P1310887
お店は飲食店や土産物店など、いろいろ。

P1310888
さっきの石段をさらに上ると、九份国民小学校があります。
その門の前からの景色もいいです。

line_55693931474376
夜になっても急な石段は賑わっています。

P1310904.jpg
軽便路との交差点にある広場に面した「珈琲茶楼」の前では写真を撮る人たちがいっぱい。
おっと、チューしながら自撮りしているカップルもいますよ。(*^.^*)

line_55693150223178.jpg
夕食は、広場に面したこのレストランですって。

九份は夜がいいですね。
赤提灯がともる街並み、見下ろす漁港も美しい。

九份の隣街「金瓜石」は金山で、「黄金博物園区」があったり、坑道の一部に入坑して採金体験をしたりできるそうです。
九份は元は金山です。だから金瓜石と合わせて観光した方がより理解できると思います。
次回にはそこに行きたいと思います。


 
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント