SSブログ
 

フィリピンのくさや=トヨをワンコインランチで マリパンキッチンネット@茨城県龍ケ崎市 [ 茨城県]

「エスニック料理についてほとんど知らない」と書きながら、エスニックの記事が続いています。よく知らない素人の食べ歩きなもんで、浅はかな内容で失礼します。


この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1340900 

 

最近のマイブームは、フィリピン料理のワンコインランチ
土日限定なので、週末に機会があると向かいます。今回で3度目。
 初訪⇒フィリピンレストランで週末だけのワンコインランチ
 再訪⇒ワンコインのフィリピンランチで魚のバンガス、馴染みやすい味だわ 

まずはお店のご紹介から。

場所は、JRの龍ケ崎市駅(元JR佐貫駅)、関東鉄道の佐貫駅の東300mのところ。
国道6号線からだと、駅に向かって進み、関東鉄道の踏切を渡ったら直進します。

P1340419
派手な2階建て住宅の1階がお店。

P1340489
お店の和名は「マリパンキッチンネット」さん。
英語は「Maripan’s Kitchenette」(マリパンズ・キチネット)。
「マリパンの簡易キッチン」という意味ですね。

P1340902
ドアに貼ってある案内。
平日は15時からの営業。ランチは土日のみです。
月2回、「フィリピン料理食べ放題」があるんですけど、いまはコロナ禍で中止です。

フィリピンというと、女性がいる「フィリピンパブ」をすぐに想像しちゃいます。
でもここは「キッチン」ですから、夜でも女性無しみたいです。

P1340903
駐車場が、道路を挟んだ斜め向かい側にあります。
駐車場出入口が2か所、駐車スペースは5台分。

P1340420
「マリパン」と書かれたプレートが地面にあるところが駐車場スペースです。

P1340416
店内は、右手奥に厨房とカウンター席、左手にテーブル席があります。
常連さんが1人、2人と昼酒を楽しんでいたりします。羨ましい・・
でもとんちゃんは、ランチのみ。

P1340414
お店に入ってすぐの右手では、フィリピン料理用の食材を売っています。
この日は、フィリンピン人の女性が買い物に来ていました。

P1340406
店内は完全禁煙。これ、嫌煙家にはとっても嬉しい。

お店にいるのはフィリピン人のマスター1人。
日本語は片言ですけど、このマスターがフレンドリーです。

さて、土日限定のワンコインランチのメニュー。

P1340894

P1340895
タガログ語は意味不明。日本語の料理名もイマイチわからない。
マスターの日本語はたどたどしい。
だからフィリピン料理初心者には、内容を理解するのが難しいです。
それで1回目の記事に料理の内容を簡単に書きましたので、参考にしてください。

前回までにいただいた料理は・・・
初回は、豚バラ揚げ(レッチョン・カワリ:Lechon Kawali)
2回目は、バンガス(ミルクフィッシュ)の開き(ダイン・ナ・バンガス:Daing na Bangus)(メニューでは単に「Daing」)。
 初回⇒フィリピンレストランで週末だけのワンコインランチ
 2回目⇒ワンコインのフィリピンランチで魚のバンガス、馴染みやすい味だわ

で、今回は。
2回目に引き続いて魚料理をいただこうと思います。
「バンガスの開き」以外の魚料理は、干し魚のTuyo(トヨ)、魚の燻製のTinapa(ティナパ)があります。
でもTinapa(ティナパ)は品切れ、ということなのでTuyo(トヨ)をオーダーです。

マスターがフライパンで何やら炒め始めると、独特な匂いがしてきます。
カウンターにいた先客が「いったい何焼いてんだ?!」と驚いています。

その匂いの感じは・・「くさや」の匂いをマイルドにした、って感じ。
とんちゃんには、旨そう!と感じましたよ。(*^^*)
さて、どんな料理が出てくるんでしょうか。

P1340896
◆干し魚セット(Fish Tuyo Set)
木製のプレートに干し魚、サラダ、ガーリックライス、目玉焼きが載り、スープがついています。
ガーリックライス(シナガグ:Sinangag)と目玉焼き(イトロッグ:Itlog)のセットは「Silog(シロッグ)」と呼ばれていて、朝食の定番だそうです。

P1340897 
お椀に入ったスープ
スープの具は、今回は野菜(白菜?)が入っています。
で、このスープがすごく旨いのです。

マスターに聞いたら、牛肉で作った「ムラルー」だって。
後でググって確認したら「ブラロ」。不正確な聞き取りでした。f(^^;)
牛の骨付き肉を煮出したスープだとか。
なるほど、だから旨いんだぁと、納得です。

P1340898
さて、メインのプレート。

P1340899 
魚は酢をかけて食べるようです。
日本の酢なのかなぁ?酸味がマイルドで、フィリピンの酢かもしれません。

P1340900 
魚を干したTuyo。それをフライパンで焼いてあります。
Tuyoにする魚の種類はいろいろあるようですけど、これは小さなアジみたいな魚です。
「ガロンゴン」と呼ばれる魚で、日本のムロアジらしい。

さっき、フライパンで焼くときにはクサヤのような独特の匂いがしました。
でも食べると、匂いはほとんどなくて、旨味だけがあります。
そして塩気がかなりきつい。
こりゃご飯によく合いますよ。

酢をかけると塩気が和らぎます。

P1340901
ガーリックライスは、日本のお米です。
そのライスに目玉焼きを崩していただきました。

同じ干し魚でも、前回のダイン(Daing)はアジの開きみたいな干し魚で、魚自体の味が旨みになっている。
今回のトヨ(Tuyo)は塩漬けの干し魚で、くさやのような独特の塩気が旨い。
マイルドなクサヤなわけですから、かなり中毒性がありますよ。(*^^*)
ご飯に合わせるのもいいですけど、酒の肴にうってつけですね。
などと、にわかフィリピン料理愛好家として楽しめました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 佐貫駅龍ケ崎市駅


 
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント