SSブログ

回鍋肉は四川料理だ、しっかり辛いぞ! 楽山居@西新橋1丁目 [ 東京ランチ]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1350123

 

西新橋1丁目に開店した四川料理のお店が気に入っています。

P1320531
「楽山居」さん。

P1320532
「四川」の文字がどこにもありませんが、しっかり本格四川料理のお店なのです。

麻婆豆腐よだれ鶏水煮肉片油淋鶏麻婆豆腐を記事にしました。
 ⇒四川食堂で花椒が効いた麻婆豆腐 楽山居
 ⇒こいつはヤバイ辛旨!四川本格よだれ鶏 楽山居
 ⇒唐辛子いっぱいの本格四川料理・水煮肉片で恍惚
 ⇒油淋鶏と四川麻婆豆腐が合体した新旨辛料理

今回は別の四川料理をいただきたいと思います。 

P1320530
店内はカウンター席が多く、奥にテーブル席があります。
フロア係は女性、料理人は男性で、全員中国人。
本場中華の雰囲気が漂います。

P1320511
定食と麺類のトップは「日替わり定食」と「日替わり麺」。
安くてコスパが高いから、これをオーダーするお客が多いです。
そしてメニューのトップにある【超人気定食】が、オススメ料理みたいです。

今回は、ちょっと変化球で「四川風回鍋肉定食」です。
中華料理では定番の回鍋肉ですが、実は、回鍋肉は四川料理なのです。

でもメニューでは「四川本格」じゃなく「四川風」なのが気になります。

ともあれ、「一番辛くして!」とオーダーしました。

P1350122
◆四川風回鍋肉定食

P1350123
一見すると、普通の回鍋肉です。
しかし日本流の甘辛い味を想像すると、大間違い。

P1350129
豚バラ肉が、辛い!o(>▽<)o

日本の回鍋肉は甜面醤が前面に出て甘いけど、この回鍋肉は豆板醤ベースでしっかり辛い

P1350130
唐辛子がいっぱい入っています。

P1350131
唐辛子といっしょにいただくと、ピリッと辛いですね。

でも、麻婆豆腐の3辛みたいには辛くないです。

P1350132
備え付けのラー油を加えました。
この辣油が、食べるラー油みたいに、なかなか旨いです。

P1350127
辛いからご飯が進みます。
今回は、丼半分だけお替りしちゃいました。

P1350126
3種類の漬物が添えられています。ザーサイ、大根と人参の甘酢漬け、キャベツと人参の塩漬け。
以前はどれにも赤唐辛子が入ってピリ辛でした。
でもいまは、ザーサイはラー油がからめてあるけど、あとの2つは赤唐辛子が入ってない。
日本人向けに辛くないものにしたようです。

P1350124
卵スープは、ヒートアップした口の中をヒーリングするのにいいですね。

P1350125
そして最後に杏仁豆腐で口直し。

P1350133
お皿に残った油まみれのソースは、真っ赤っか。
これは辛いわけですね。美味しかったです。

四川では、伝統的な回鍋肉は葉ニンニクを使うようですが、実際にはキャベツなどを使ったものもあるそうです。
豚肉は、四川ではゆで豚を使うけど、このお店では湯通ししたバラ肉を使っています。そこが四川「風」なのかもしれません。
ともあれ、甘辛ではない、しっかり辛い回鍋肉がいただけました。

ごちそうさまでした。

食べログ: 楽山居

関連ランキング:四川料理 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント