SSブログ
 

スリランカのコットゥはカレー風味のそば飯、しかも超大盛 シギリヤ@茨城県阿見町 [ 茨城県]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

P1360246

10月はじめ、ランチに阿見町へ向かいました。
目指すは、月曜限定の超ボリュームランチがある「居酒屋まさか」さんです。
 ⇒月曜限定おまかせランチ690円は驚きの品数&ド級ボリュームの高コスパ

 

P1360222
お店に到着すると、おや?なんだか様子が違いますよ。
暖簾も幟もないぞ。

P1360224
屋根から下がる看板を見ると・・・

な、なんと!横文字だ!(*゚Д゚*)ェ…

「Sigiriya Sri Lanka Restaurant & Bar」
スリランカ・レストラン&バーだってぇ!

P1360223
「シギリヤ」さんって店になってるわ。

「まさか」さん、閉店したんだぁ・・・。orz...
まさに、まさかの展開です。
じゃぁ、帰ろうかな。

行灯をよく見ると、営業時間は11時から23時半。
ってことはここ、営業しているわ。
スリランカ料理ってほとんど食べたことないよな。カイロスケフくらいだ。
スリランカ料理の穴場レストラン カイロス・ケフ

せっかくここまで来たんだから、お店に入ってみっか。

ちなみに「シギリヤ」とは、スリランカの遺跡で、1982年に世界文化遺産に登録されているって。

P1360240
店内は、厨房が簾で目隠しされています。
カウンターには丸いチェーフィングディッシュ(料理の保温器)が空のままたくさん並んでいる。

しかし店員さんがいない。(;´ρ`)

「すみませーん!」と声をかけても、誰も出てこない。
ホントに営業しているんだろうか? 

 

と、そのとき、背後に視線を感じました。
驚いて振り向くと・・

 

ワーッ!(*゚Д゚*)ェ…

 

P1360239
な、なんじゃ!こりゃ!( ̄◇ ̄;)!!

スリラーのような狼男の人形が立っています。
おいおい、脅かすなよ。

そのとき、やっと店員さんが出て来ました。
営業しているのか伺うと、やっているそうです。

P1360241
そして、左側にある部屋の照明を点灯して、入るように促します。
照明を落としていたってことは、客が来ることを想定していなかったんじゃネ?

ともかく、促されるままに部屋の中へ入りましょう。

な、なんだぁ!w(*゚o゚*)w

P1360226
室内の照明は暗くて、ランチをする雰囲気じゃありません。

しかもそこにあるのは長テーブルが2つだけ。
好きな席に座っていい、と言われても戸惑いますよ。
しかたなく、1人で長テーブルの端に席をとりました。
でも居心地よくないなぁ。(;´ρ`)

P1360227
スピーカーや大きなディスプレイがあって、まるでカラオケルームみたい。
っていうか、ここは、本来パーティー会場なんですね。

P1360228
出入り口脇には、ガイコツがいるし。(;´ρ`)

さっきの狼男といい、この骸骨といい、落ち着いて食事をいただくって雰囲気じゃないわ。
でも、まぁ、そういうもんだと割り切ればいいんです。

P1360229
ワイングラスに入ったお冷をいただいたので、メニューをじっくり拝見しましょう。

メニューを開いてみると・・・ランチがない!
グランドメニューしかないんです。そしてどれも1000円超え!
安いサイドメニューがいくつもあるから、それをオーダーする手もあるでしょうけど、やはりメインの料理を食べてみたい。

P1360230
「ライス」はフライドライス。焼き飯ね。
チキン、ポーク、卵、シーフード、野菜、ミックスがあります。
チキンビリヤニやナシゴレンもありますよ。

P1360231
「ヌードル」はフライドヌードル。焼きそばだ。
米の粉で作ったストリングホッパーという麺を使うんですね。
これもチキン、ポーク、卵、シーフード、ミックスがあります。

P1360232
そして「Kottu(コットゥ)」。これ、なに?
ググってみたら、ロティを細かく刻んだものだそうです。へぇ。

チキン、ポーク、卵、チーズ、イディアッパがあります。
イディアッパはストリングホッパーのことで、それを刻んだもののようです。

どれも食べたことがないものですけど、もっとも想像できないコットゥにしましょう。

オーダーすると「辛いのは大丈夫ですか?」と聞かれます。
「大丈夫!辛くしてください!」と伝えましたよ。

そうそう思い出しました。
スリランカ料理は「サライラサイ」(サライ=辛い、ラサイ=旨い)と言われ、「辛いが旨い」だそうですね。辛いの、いいじゃないですか。

P1360242
◆ポークコットゥ
大きな皿に大盛で出てきました。
小皿も用意されていて、取り分けて食べる前提みたい。

P1360244
料理の量をスプーンの大きさと比べてみてください。

P1360245
これ絶対に1人分じゃありませんよ。たっぷり2人分の量があります。

P1360243
唐辛子の薬味とスイートチリが添えられています。

この唐辛子の薬味は、「ルヌミリス」というそうで、刻んだ唐辛子に玉ねぎやモルディブフィッシュ(スリランカのカツオ節)、油やライムを混ぜて作るらしい。
「辛いから気を付けて」と注意されました。
辛いのは嬉しいです。σ(゚ー^*)

P1360246
豚肉、人参、ネギ、キャベツなどの細かく刻んだ野菜、その中に刻んだロティがあります。
食べた感じは・・・野菜の多い焼きそば。いやそばめしだ!ヽ(*'0'*)ツ

スパイシーで、クミンの弱いカレーみたいな風味。
「カレー風味のそばめし」と言ったら当たらずしも遠からず。
だからこれ、日本人にもなじみやすい味です。

辛くして!とオーダーしたけど、そんなに辛くないです。
辛いもの大好き人間のとんちゃんの味覚では、ね。

P1360247
ルヌミリスとスイートチリをかけました。

P1360248
ルヌミリスは確かに辛い。でも旨味があります。これ好きなヤツです。
そいつをかけると。ピリリと辛くて旨いです。(*^^*)

P1360250
葉っぱが入ってました。カレーリーフってやつかな。

P1360251
超大盛のコットゥは、案の定、半分残りました。

残りはテイクアウトしたい、とお店の人にお伝え。

P1360252
すると、残りをテイクアウト用の容器に入れてくれました。
ルヌミリスもしっかり入れてくれましたよ。
ありがとうございます。

しかしなぁ。旨いけど、こんなに大盛で出さなくてもいいと思うよ。
というわけで、その日の夕食もコットゥでしたから。

ごちそうさまでした。

 


最後に、残りのメニューを掲げます。

P1360233 

P1360234 

P1360235

関連ランキング:スリランカ料理 | 荒川沖駅


 
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント