SSブログ
 

予想以上に旨いミートローフはマスター手作り マリパンキッチンネット@茨城県龍ケ崎市 [ 茨城県]

P1360818

 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

土日限定・フィリピン料理のワンコインランチ
ときどき食べに行ってます。今回で7回目。

お店の場所は、JRの龍ケ崎市駅(元JR佐貫駅)、関東鉄道の佐貫駅の東300mのところ。

P1340419
赤い「500円ランチ」の幟が目印です。

P1340489
お店の和名は「マリパンキッチンネット」さん。
英語は「Maripan’s Kitchenette」(マリパンズ・キチネット)で、「マリパンの簡易キッチン」という意味です。

P1340416
店内は、右手奥に厨房とカウンター席、左手にテーブル席があります。 

P1340406
お客が多くても、ここは全面禁煙。
だから、煙たくて困るってことはないのがウレシイ。

さて、お店にいるのはフィリピン人のフレンドリーなマスター1人。
とんちゃんの顔をしっかり覚えてくれていて、ランチの常連さんだね。

さて、土日限定のワンコインランチのメニュー

P1340894

P1340895
タガログ語と日本語の料理名が書いてあるけど、意味がわからない。
1回目の記事に料理の内容を簡単に書きましたので、参考にしてください。
 ⇒フィリピンレストランで週末だけのワンコインランチ

前回までにいただいた料理は・・・
レッチョン・カワリ=豚バラ揚げ
ダイン・ナ・バンガス=ミルクフィッシュの開き
トヨ=フィリピンのくさや焼き
ビナゴオガンライス=小エビの塩辛炒めライス&豚バラ揚げ
トシログ=豚肉の漬け焼き
タプシログ=テリヤキ風牛野菜炒

さて、今回も肉料理の定食にしましょう。  

P1360814
◆挽肉蒸し揚げセット(Enbusilog)
ミートローフ、ガーリックライス、目玉焼きのセットです。
「エンブシロッグ」という料理名は、3品の名を繋げたものなの。

ガーリックライス(Sinangag:シナガグ)と目玉焼き(Itlog:イトロッグ)のセットを「Silog」と呼ぶんですね。その「シログ」にミートローフ(Embutido:エンブシド)をセットにしたものが「Embusilog」(エンブシロッグ)。

P1360815
まずはお味噌汁、じゃない、スープ
今日のスープの出汁はポークだって。
ま、クノールのスープの素で作ってるんですけどね。

P1360818
メイン料理はこのミートローフのエンブシド(Embutido)。

P1360819
肉の中にウインナーウズラの卵そして野菜が入っています。
これがなかなか旨い。想像以上に旨いんですよ。

伺ったら、マスターが手作りしたそうです。

P1360816
フライドガーリックがトッピングされたガーリックライス

P1360820
ライスとミートローフを混ぜていただきます。

P1360817
目玉焼きも崩してマゼマゼしていただきます。

マスター手作りのミートローフ(エンブシド)。
シンプルだけど予想以上に美味しかったです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 佐貫駅龍ケ崎市駅


 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント