SSブログ
 

イタリアンとアジアンエスニック、どっちもあるのね パッチョ@茨城県牛久市 [ 茨城県]

P1380368

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

西友ひたち野うしく店の1階にあるお店でランチしました。

P1380375
看板にある「ワインバル・ビストロ・パッチョ」が去年の10月15日リニューアル。
いまは「アジアンキッチン パッチョ」さん。

この場所、わたしが知っている限りでは、「スピガ」という生パスタメーカーの直営店があり、その後「Poco a Poco」というこれまた生パスタのお店がありました。
そこがイタリアンのビストロになって、アジアンエスニックに転換ですね。

P1380366
店内は以前のお店の同じく、居抜き。
窓側のフロアと、ガラスの壁を隔てたフロアとに分かれています。

P1380364
店の奥はワインボトルが並んでいて、イタリアン風。
樽にはイタリア直送のワインが入っているらしい。

P1380362
さてメニューは、ピザが目立ちます。
ライスディッシュは、ガパオライスやカオマンガイ。
ヌードルはボンゴレにパッタイ。

P1380363
タパスなんてあってイタリアンっぽいけど、アジアンエスニックな料理も並んでいる。

何をオーダーすればいいのか、実に困ります。
ランチにはライス類か麺類にしましょう。

で、イタリアンにするかアジアンエスニックにするか迷うよなぁ。
しかし元々はイタリアンなんだから、イタリアンの方がいいよな。

P1380362 - 2
ということで、プッタネスカにしました。
「牡蠣とアンチョビ」というのに惹かれたんです。

パスタを茹でる時間があるので、しばらく待ちます。

P1380365
その間にお水とタバスコが出されました。
水の入ったグラスがずいぶんとデカイ。

P1380367
◆プッタネスカ
実はプッタネスカというパスタは初めて食べます。

トマトベースソースのパスタです。
アラビアータとの違いは、ニンニク、赤唐辛子だけでなく、アンチョビ、ケッパー、ブラックオリーブを加えてあることらしい。

「娼婦風」という名のパスタだそうですが、名前の由来はよくわからない。

P1380368
パスタの上に牡蠣がのっている。
黒っぽく見える粉はオレガノみたい。

P1380371
牡蠣だもん、旨いですよ。
でも、この牡蠣がなくてもプッタネスカです。

P1380372
パスタは固ゆででいい食感。

ソースの塩気がかなり強い。
アンチョビが入っているので塩気が強くなるだろうけど、もちっと塩を控えてほしいな。

P1380374
ソースの中には、ケッパーブラックオリーブがいっぱい。
ピリ辛のソースにはアンチョビの旨味が出ていて、かなり旨い。

バゲットがあればオーダーしたいんだけど、あるのかな。
なので、スプーンでソースをすくって食べつくしました。

問題はパスタの量が少ないことだな。
大盛にしてほしいところです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ダイニングバー | ひたち野うしく駅


 
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント