SSブログ
 

世界に広まる黄燜鶏米飯は筑前煮の味わい とり酒場天然居@虎ノ門 [ 東京ランチ]

P1400779

 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

虎ノ門にある四川料理の名店「天然居」の支店ができたという記事を先週アップしました。
 ⇒あの四川料理店の支店が新規オープン、さっそくランチへ

今回は、食べてみたい料理があって、再訪です。

P1400791
「とり居酒屋天然居」さん。
鶏料理専門の居酒屋ですけど、和食じゃなく中華、しかも四川料理の居酒屋です。

お店に入ると、レジに立っていた店長の亭亭(ティンティン)さんが「あ!いらっしゃい!」と迎えてくれました。

P1400778
店内は、右側にカウンターが8席、左側にテーブル席が並んでいます。

P1400775
ランチメニューは、唐揚げ定食、油淋鶏定食、マーラー鶏肉ピーナッツ炒め定食、黄燜鶏定食、汁なし担々麺定食、週替定食。
【HOT】マークがついた辛い料理は、マーラー鶏肉ピーナツ炒め、汁なし担々麺だけ。

P1400776
週替り定食は、唐揚げの醤油蒸し。

店長さんが「今日は唐揚げがオススメです!」と週替わりランチを推薦します。

あのね、今日は食べてみたい料理があるんですよ。   
「黄燜鶏」を食べたいの。しかも辛い黄燜鶏が食べたいの。
黄燜鶏(フゥァンメンジー)は辛くできる?

煮込み料理だから味がすでに出来上がっているので、辛くできない、と店長さん。
自分で辣油をかけて辛くしてもらってもいいですか?だって。
うん、それでいいから、お願いします!とオーダー決定です。

P1400777
お水は卓上のポットからセルフです。

P1400779
◆黄燜鶏定食
お盆にラー油も乗せて出されました。

P1400782
中華スープじゃなくって味噌汁です。

P1400783
杏仁豆腐ではなく冷奴がついています。

P1400780
こいつが黄燜鶏(フゥァンメンジー)
鉄鍋に入っているけど、鉄板焼きじゃなく、鍋料理です。
鶏肉とシイタケ、ニンジン、ピーマン、タマネギ、ジャガイなどの野菜を煮てあります。

醤油ベースの優しく家庭的な味の料理です。
五香粉など中華料理独特の香辛料は感じなく、中華料理なの?って感じ。
というより、そう!シイタケ出汁の筑前煮みたいな味です。
だから食べやすい、馴染みやすい味の料理です。

P1400781
醤油味なので、普通にご飯に合いますね。

というのが黄燜鶏定食です。
そして、辛さはまったくありません。

辛い黄燜鶏が食べたい!というのが、とんちゃんの要望でした。
そんなワガママのために、店長さんが薬味を用意してくれました。

P1400784
お盆にセットされた辣油。底には唐辛子がたっぷり沈んでいます。

P1400785
これもあった方がいいですね!と持ってきてくれた花椒

P1400788
唐辛子入りのラー油花椒をたっぷりかけてみました。

P1400787
辛くて痺れる味になりましたよ。

P1400789
おっと、黄燜鶏にも唐辛子が入ってます。でもこれ香りづけ程度で辛くなかったです。

P1400790
食べ終わると鍋に赤い汁が残りました。
追い飯したら旨いんだろうなぁ。

こうして辛くした黄燜鶏をいただきました。
でも後付けだからイマイチ馴染んでないです。
ここでは、元々の辛くない黄燜鶏をいただくのがベストですね。

ごちそうさまでした。


最後に、黄燜鶏について少し。

「黄燜鶏」とは。「燜」はとろ火でじっくり煮込むという意味で、「黄」は黄色っぽいに仕上がっているということで、醤油味で黄金色(茶色?)になった煮込み料理のこと。
中国語のwikipedia「維基百科」によると、山東省済南発祥の料理で、1927年創業の鲁菜店(山東料理店)「吉玲园(吉陵園)」が開発した料理だとか。
しかし料理の内容からみて、家庭料理の1つでしょう。そして全国各地で異なった味の変化をしているようです。 

その黄燜鶏とご飯のセット「黄燜鶏米飯」は、中国三大小吃(軽食)の1つとも言われる。
山東省済南発祥の黄燜鶏米飯のチェーン店「楊銘宇 黄燜鶏米飯」が中国国内で急増殖、世界で6000店にも拡大。日本でも2019年3月に大阪・日本橋に、12月には高田馬場に開店しました。
同店の「黄燜鶏米飯」は辛いのが特徴らしいです。
でも本来は辛い料理じゃないんです。

食べログ: とり居酒屋 天然居

関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅虎ノ門ヒルズ駅内幸町駅


 
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント