SSブログ
 

北海道産小麦のパン屋さんでモチモチふんわりのコッペパン オノパン@茨城県利根町 [ 茨城県]

P1410599

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

古いパン屋さん巡りからコッペパン巡りにテーマが移ってきています。
今回は、利根町にある新しいパン屋さんに伺いました。

利根町は、利根川を挟んで千葉県我孫子市の北側にある町です。
1971年に我孫子市との間にある栄橋が架け替えられて、利根川対岸の成田線布佐駅までバスで10分弱で行けるようになって、首都圏のベッドタウン化に拍車がかかります。
それで利根町では1970年代に6つの住宅団地(羽根野台、八幡台、白鷺、利根ニュータウン、早尾台、利根フレッシュタウン)が建設されました。


住宅団地に挟まれた旧市街地の端にお店があります。

P1410573
気を付けていないと通り過ぎてしまう、目立たない小さなパン屋さん。
平屋の古い建物を改修してお店にしたようです。
目印は、目新しい青白ストライプのテント庇

駐車場はお店の裏側にあります。

P1410574
そして版画のような可愛い絵が描かれた垂れ幕。

P1410572
「ONO PAIN(オノ・パン)」さんです。
2015年2月オープンの新しいお店です。
オーナーがオノさんなのかな?って思っちゃいましたけど、違うんですよ。

コロナ禍で一組ずつの入店をお願いします、と入口に書かれています。
店内には先客がいないので、入店しました。

P1410561
店内は狭いんです。だから1組づつ入店するように、ということなんですね。

セルフ方式ではなく、ガラスケースに並んだパンをお店の方に取り出してもらう対面方式
昔ながらのパン屋さんのスタイルです。
建物も店内もアンティークな雰囲気で昔懐かしいパン屋さんの感じです。

若いご夫婦でパンをつくっていて、お店には奥様が出ていらっしゃいました。

P1410560
オノ・パン開店のポスターがありました。

P1410560 - 2
「ONO」は「おいしい」、「PAIN」は「パン」という意味だと書いてあります。
お店の方に伺ったら「ONO」はハワイ語で「おいしい」という意味ですって。
「PAIN」はフランス語で「パン」の総称です。
それで、おいしいパンということですね。

しかも【安全な食材を選び、余計なものは入れず子供が安心して食べられるパンを作る】というコンセプトです。
そして北海道産小麦粉を使ったパンを作っているそうです。

P1410562
さて、ショーケースの上に、角食パン、山食パン、カンパーニュにバターロールなど食事パンが並んでいます。

P1410563
全粒粉ベーグル、クリームパン、つぶあんぱん、そしてずんだコッペがあります。

P1410565
ミルクコッペあんバターコッペ。いいぞ、いいぞ!
ミルクコッペはプレーンのコッペパンじゃなく、北海道日高産バター、北海道練乳、きび糖で作ったミルククリーム入り。
あんバターは、つぶあんとこしあんがあるけど、残っているのはつぶあんだけ。

P1410564
ペッパードッグにガーリックドッグもあります。
ドッグとコッペはどう違うんだろ?聞き忘れちゃった。

P1410566

こだわりのドリンクも販売しています。

P1410568
冷蔵庫の中に飲料があります。

P1410570
発酵甘酒ですって。

P1410569
発芽玄米の発酵甘酒もあります。

P1410567
長野県産のりんごジュース、するおろしりんごジュースもあります。

自宅に戻ってパンをうただきました。

P1410599
ずんだコッペつぶあんバターコッペ
コッペパンの大きさは、長さ12センチ×幅6.5センチ×高さ5センチで、ずんぐりした楕円形をしています。

P1410600
◆つぶあんバターコッペ

P1410607
北海道十勝産小豆のつぶあんを塗った上に北海道日高産の有塩バターを載せてあります。

P1410608
つぶあんの甘さ、そこにバターの塩味が加わる。これこそがあんバターのおいしさですね。
パンは、皮(クラスト)の食感がしっかりあって、香ばしい。
噛むと中身(クラム)はムズズって食感のモチモチさ、そして柔らかい。
皮の香ばしさと小麦の旨さを味わえるパンです。

P1410601
◆ずんだコッペ

P1410602
ずんだあんがタップリ塗られています。

P1410604
枝豆で作ったずんだの香り、小豆より滑らかな食感がわたしは好きです。

P1410605
◆全粒粉ベーグル
金曜日限定販売のベーグルです。

P1410606
小麦の香りがいいですね。モッチリした食感のベーグルです。
クリームチーズを塗らずに、このままでいただきましたけど、美味しいベーグルですね。

このお店のコッペパンはずんぐり形で、皮がしっかりしていて、ちょっと懐かしい感じのコッペパン。でも中は北海道産小麦粉らしくモチモチ、ふんわりで、給食のコッペとは全然違います。

ごちそうさまでした。

食べログ: オノパン

関連ランキング:パン | 布佐駅木下駅


 
タグ:パン 茨城
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント