SSブログ
 

山形名物・冷やしラーメンがあること、知ってますか 喜楽@茨城県牛久市 [ 茨城県]

P1410837

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

暑くなってくると冷たい麺を食べたくなりますよね。
なのでランチに、とんちゃん夫婦お気に入りのラーメン店へ向かいました。

中華店の冷たい麺というと定番は冷やし中華
ラーメン専門店では冷たいつけ麺系もありますね。
でも、とんちゃんのお目当ては全然違うもの。

山形名物「冷やしラーメン」です!

それって、冷やし中華のことじゃないの?
いえいえ、全然違う麺類なんです。
見た目は普通のラーメンと同じ、でも冷たい
だから「冷やしラーメン」なのです。

P1410849
牛久市役所正門前にある「喜楽」さん。
ここに山形名物・冷やしラーメンがあるんですよ。

通常メニューの紹介はパスして、冷やしメニューだけ掲載します。
グランドメニューは以前の記事をご覧ください。
 ⇒本格叉焼いっぱいのチャーシューメン 喜楽

P1410846
ざる中華冷やしラーメン
ねぎ・のりざる中華、冷しとりチャーシューメンのバリエーションもあります。

「ざる中華」冷たい中華麺和風のつゆ(そばつゆ)で食べるもので、つけ麺とは違いう、東北の料理です。

P1410847
そして「冷やしラーメン」。こっちは、山形の名物料理です。
山形県出身のご主人が山形で修業し、さらに一工夫加えたというもの。

ここ喜楽では、2019年に「冷麺」という名で登場しました。
「冷麺」じゃ韓国冷麺と紛らわしいから、堂々と本来の「冷やしラーメン」がいいよ!とお節介したら、そのせいかどうかわかりませんけど、翌年には「冷やしラーメン」に改称。
ところが、冷やし中華風に酸味が強い味だったので、これまた変だよと苦言。
 ⇒山形名物・冷やしラーメンがここにある in 2019
 ⇒山形名物・冷やしラーメン、酸味のない味に戻してほしいな in 2020

さて、今年はどうなっているんだろうかな・・・と期待してオーダーしました。

P1410836
◆冷やしラーメン
黒い皿に載った黒い麺鉢で着丼です。

P1410837
見た目は普通のラーメンと全く同じ。
トッピングは、鶏チャーシュー、メンマ、味玉半分、焼き海苔、白ネギ、そして揚げ玉。

でも、スープも麺も冷たくて、氷が浮かんでいます。
それが冷やしラーメンなのです。

冷たいスープには油がほとんどありません。
動物性の脂は冷えると固まるから、すべて取り去られているんです。
代わりに植物性の油を浮かせます。

P1410839
冷たく澄んだスープは、昆布、かつおの出汁の和風テイスト。
冷めたいお吸い物みたいに美味しい。

酸味はありますけど、去年より軽くなっています。
もっと軽いか、酸味がない方がいいと思うんですけど、許容範囲かな?

P1410840
麺は中細で、縮れが少し。
冷たく締められていて、モッチリした食感があります。

P1410843
チャーシューは鶏チャーシュー
去年は低温加熱の肩ロースシャーシューでした。

P1410844
これも冷温加熱した鶏ですね、噛むと旨味がジワーっと出て来ます。

P1410845
薄味の味玉

P1410842
太いメンマは柔らかくて、これも上品な薄味。

P1410848
スープが旨いもんで完飲しちゃいました。

「冷やしラーメン」は、普通のラーメンと同じく、酸味は不要。
冷やし中華のような酸味が欲しければ、自分で酢を足せばいいのです。
でも今年の作品は酸味が弱くなっていて、これもありかなという感じ。
とんちゃんみたいに頑固じゃない方からすると、問題なく美味しいです。
というかオススメです。ぜひ冷やしラーメンを堪能あれ!

ごちそうさまでした。

食べログ: 喜楽

関連ランキング:ラーメン | 牛久駅


 
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント