SSブログ
 

スパイス満載で濃厚な味、南インドのチェティナールカレーに感動 インドキッチン ドラゴンカレー@茨城県土浦市 [ 茨城県]

P1490175

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

インドカレーと言うと。こってりと濃厚なカレーをナンと食べるもの、と思われている。しかしそれは広いインドの中で、北インドの料理。

それとは違う南インドのカレーを求めて、先日、土浦市のインドカレー店へ行きました。
今回はそのお店を再訪です。

場所は、土浦市上高津、県道123号線(土浦坂東線)沿い、上高津貝塚ふるさと歴史の広場の近く。

P1480808
「ドラゴンカレー」の看板が目印。

P1480809
「インドキッチン ドラゴンカレー」さん。
スリランカ出身のシェフ・シルベスタさんが、2007年に土浦駅近くに開店し、2019年にここに移転しました。詳しくは前回の記事をご覧ください。

テーブル席についてメニューを拝見。

P1480787
ランチメニューは、日本のインド料理店でよくあるタイプ。Aセットはカレー1種、Bセットはカレー2種。

カレーは、チキン、キーマ、やさい、シーフード、日替り。チキンはあるけど、北インドカレーのバターチキンはありません

ライスかナンが食べ放題
南インドカレーはライスでいただきたいですね。
ただしここのライスは日本米。プラス300円でインド米に変更できます。

P1480789
単品のカレー。

P1480788
【recommended】(おすすめ)は、ドラゴンカレーチェンナイチェティナールカレー。どちらもシェフオリジナルのカレーです。

「チェンナイチェティナールカレー」について、「南インドのチェティ(錬金術師)が毎日食べるカレーをできるだけ忠実に再現しました」と書いてある。しかしシェフが独自にアレンジしているそうです。
※「チェティナールカレー」とは何かについては最後に書きます。

P1480790
激辛注意!のバーニングチキン。

P1480791
オススメ料理は、日替わりのランチプレート
アチャール、アラカルト数種つきで、南インド料理のミールスっぽい料理です。

P1480792
激辛チキンプレート。

P1480793
唐揚げカレーライス。

P1480796
カウンターにもメニューがある。

P1480784
バターチキンが数量限定であります。

P1480785
パインシーフード。どんなものなのか、不明です。

P1480783
【新作メニュー】が2つ。
スリランカプレートは、ライス、カレー1~2種、日替り副菜3~4種。プラス300円でビリヤニに変更可。

P1480786
テイクアウトメニュー。

前回は、シェフのシルベスタさんに「南インド料理かスリランカ料理が食べたい」と言ったら、南インドならチェンナイチェティナールカレー、スリランカならスリランカプレートだ、と言われ、スリランカプレートにしました。

そこで今回は南インドのチェンナイチェティナールカレーをオーダーします。辛さを聞かれて「激辛」と答えたら、スパイシーなカレーなので辛口にしなさい、と制されたので、従いました。
シェフが厨房でカレーを作り始めると、スパイスの香りが凄いパワーで店内に充満。とってもいい匂いです。

P1490175
チェンナイチェティナールカレー

P1490173
野菜サラダ。これはインド料理じゃなくて、日本人に合わせたもの。

P1490178
スパイスの香り満載のカレーが大きなお皿にいっぱい。

P1490177
カレーからスパイスの香りが辺り一面に放出されています。

P1490179
味はすっごくスパイシー、しかも複雑な味。そしてかなり辛い。確かに激辛は厳しいかも。

P1490181
中にはチキンが入っています。
でもスパイスの味と香りが強くて、肉の味はわからない。

P1490176
ライスは日本米です。

P1490180
スパイシーなカレーとライスをいただく。
今まで食べたことが無いほどスパイシーなカレーで、もう無茶苦茶に旨い

P1490172
副菜に、緑色の水菜とココナッツのサンボルとカレー色のキャベツ炒め
「サンボル」は「和え物」のことで、水菜、ココナッツをレモン汁とともに和えたもの。
キャベツ炒めはインドでは何と言う名か聞いたら「キャベツ・フライ」だって。それ英語だ。

P1490174
キャベツのピクルス。漬物ですね。
漬物=アチャールだと思ったら、「アチャールは辛いけど、これは辛くないからピクルスだ」だって。へぇ、そうなんだぁ。

それぞれを個別にいただいてから・・・

P1490184
ライスの脇に載せて食べるのが南インドやスリランカ流。
カレーと混ぜたりしながらいただきます。

P1490185
唐辛子も食べようとしてたら、「それは食べなくていい」って言われました。唐辛子の旨味はカレーに出ているからだって。へぇ、そんなもんですか。

チェティナールカレーはクリーミーでスパイスが複雑に効いた濃厚な味わい。
やはり日本米ではなくインド米と食べるのがいいんだろうな。

ごちそうさまでした。


 

最後に「チェンナイチェティナールカレー」について。

「チェンナイ」は、南インドのタミル・ナードゥ州の州都で、かつては「マドラス」と言われていました。同州はタミル語を話すタミル人が多く住んでいます。同州南部にチェティナード(Chettinad)地方があります。なお昨日の記事に書いたように、スリランカ北部にもタミル人が住んでいます。

チェティナード地方には、その昔、商人たち(商業カースト集団)がたくさんいて、18世紀の終わりから19世紀の半ばにかけて、マレーシア、スリランカ、ミャンマーなどへ渡り、交易で稼ぎました。
彼ら商人は、 チェティナール(Chettinal)と呼ばれていました。
彼らは、海外各地の食文化を持ち帰り、自分たちの南インド料理を発展させ、新たな料理をつくり出した。裕福だった彼らはスパイスをふんだんに使ったリッチなカレーを仕上げた。
その非常にスパイシーなカレーが「チェティナードカレー」(「チェティナールカレー」とも言う)です。

この店のシェフ、シルベスタさんが、チェンナイやチェティとも言われるチェティナード地方でチェティナードカレーを食べて気に入り、研究の末に独自にアレンジしたのが、今回いただいた「チェンナイチェティナードカレー」らしい。
チェティナード(チェティ)には未だに現役の錬金術師がいるとか。しかしチェティは錬金術師の意味ではなく、地名の固有名詞です。またチェティナールは錬金術師のことではなく、チェティナード人のこと、歴史的にはかつての商人を指す言葉です。

関連ランキング:インド料理 | 土浦駅


 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。