So-net無料ブログ作成

ヒメマスと「チップ」について [ 北海道と食]

前回の記事に登場した支笏湖のヒメマス「チップ」について。
支笏湖のヒメマスは何者か?
そして「チップ」はアイヌ語か?

ヒメマスは、ベニザケの湖沼残留型の淡水魚です。

サケ(シロサケ)は、秋に川を遡上して産卵し、翌年の春に稚魚が海に降ります。 
サケの仲間のベニザケも、川の上流で産卵・ふ化して、海に降ります。
ただしシロサケとは違って、1年から数年間、湖などで成長してから降海します。

ところが何らかの理由で降海せずに、湖に留まったベニサケがヒメマスです。

ヒメマスは陸封されて、完全に淡水魚化したベニサケだと思っていたら、そうではないそうです。
ベニサケには、降海する降海型、降海せずに湖で一生を過ごす残留型(成長のよいオスに多い)、すべての個体が湖で一生を過ごすコカニー型があるそうです。
コカニー型のものは陸封魚です。

ところが支笏湖のヒメマスは、海水適応能力を得て降海できる幼魚(スモルト)に変身できるそうです。
だから、陸封魚のコカニー型ではなく、残留型だというわけ。
そしてこの能力(スモルト化)を利用して、降海させてベニサケの養殖が試みられたそうです。


SockeyeSalmonOregonZoo.jpg
これがベニサケ。(wikipedia「ベニサケ」より)

Himemasu.jpg
これがヒメマス。支笏湖などから移殖された十和田湖のヒメマス。(wikigedia「ヒメマス」より)

pic_detail01.jpg
ANA釣り倶楽部「ヒメマス」より)
産卵期のヒメマスのオスは、こんなになって、ベニサケに似ています。

 

その「ヒメマス」の命名は新しく、1908年に北海道水産課がなんと公文で命名した。
そのずっと以前は、和名がなく、何の種かもわからなかった。
それが「ベニサケ」の湖沼残留型だとわかって、「ヒメマス」の名がつけられました。

ここでちょっと疑問がわくかも。
元はベニ「サケ」なのに、その胡椒残留型をなんでヒメ「マス」と命名するのか?

英語圏の命名法では、降海型はsalmon(サケ)、河川生活型はtrout(マス)だから。
実はサケとマスの命名には、日本古来の別の方法もあってかなり複雑。
詳しくは⇒サケとマスの違い:https://onhome.blog.so-net.ne.jp/2005-08-26

 

さて、支笏湖のヒメマスですが。
実は、支笏湖には元々はヒメマスは生息していなかったんです。
北海道庁によって阿寒湖から移殖されたものなのです。
この魚がベニサケの湖沼残留型であることがわかって、支笏湖に移植された。

阿寒湖から支笏湖にヒメマスが移植されたのは、1894年のこと。
おや?と思いませんか?

「ヒメマス」の命名は1908年。移植の10年以上も後のことです。
じゃぁ、移植時には、この魚をなんて呼んでいたんでしょう?

アイヌ語の名で呼んでいたんです。

アイヌ語の「カバチェプ」(kapacep)とか「カバチェッポ」(kapacepo)という名で呼んでいたんです。
それを1908年になって、わざわざ「ヒメマス」と呼び変えた。

アイヌ語の名を和名にしても良かったんだけど、あえて別の名を北海道はつけたわけ。
理由ははっきりしませんが、アイヌ語じゃない方がいい、という考えかららしい。
それって、ハッキリ言ってアイヌ(語)差別です。

以上、詳しくは「我が国におけるヒメマスの増養殖」(日本水産資源保護協会)

 

さて、現在、支笏湖や北海道ではヒメマスのことを「チップ」と呼んでいます。
一見すると、アイヌ語由来のようです。

しかし、アイヌ語でヒメマスは「カバチェプ」とか「カバチェッポ」です。

アイヌは魚のことを chep 「チェプ」とか chiep 「チエプ」と言います。
これは、本来は鮭のこと。
なので、ヒメマスは「薄い魚」を意味する「カバチェプ」(kapacep)。

それを短くしても「チップ」ではなく「チェプ」なのです。

実は、アイヌ語で chip 「チップ」と言えば魚ではなく、「舟」のこと。

だから「チップを食べる」とは「舟を食べる」という意味になるわけ。
アイヌ語に対する大きな無理解ですね。

知里真志保『和人は船を食う』(北海道出版企画センター、2000年)をご覧ください。
ちなみに知里真志保さんは、アイヌ出身の言語学者です。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感