SSブログ
 

北海道産小麦のパン屋さんでモチモチふんわりのコッペパン オノパン@茨城県利根町 [ 茨城県]

P1410599

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

古いパン屋さん巡りからコッペパン巡りにテーマが移ってきています。
今回は、利根町にある新しいパン屋さんに伺いました。

利根町は、利根川を挟んで千葉県我孫子市の北側にある町です。
1971年に我孫子市との間にある栄橋が架け替えられて、利根川対岸の成田線布佐駅までバスで10分弱で行けるようになって、首都圏のベッドタウン化に拍車がかかります。
それで利根町では1970年代に6つの住宅団地(羽根野台、八幡台、白鷺、利根ニュータウン、早尾台、利根フレッシュタウン)が建設されました。


住宅団地に挟まれた旧市街地の端にお店があります。

P1410573
気を付けていないと通り過ぎてしまう、目立たない小さなパン屋さん。
平屋の古い建物を改修してお店にしたようです。
目印は、目新しい青白ストライプのテント庇

駐車場はお店の裏側にあります。

P1410574
そして版画のような可愛い絵が描かれた垂れ幕。

P1410572
「ONO PAIN(オノ・パン)」さんです。
2015年2月オープンの新しいお店です。
オーナーがオノさんなのかな?って思っちゃいましたけど、違うんですよ。

コロナ禍で一組ずつの入店をお願いします、と入口に書かれています。
店内には先客がいないので、入店しました。

続きを読む


 
タグ:パン 茨城
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理