So-net無料ブログ作成
全国食べある記 ブログトップ
前の10件 | -

空港フードコートにリーズナブルな鴨ロースト!そして店名「麦記」の意味 麦記@桃園空港 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1310967

 

カミサンと3泊4日の台湾ツアー。
最終日は、故宮博物館を観光して、桃園空港から帰国です。
ってことは、台湾ネタの最後です。

で、最後に空港でランチ、ね!σ(゚ー^*)

空港ですから、いろんなレストランがあります。
でも、そこはとんちゃん夫婦。
リーズナブルなフードコートに向かいましたよ。(*^0゚)v

とんちゃんたちの乗るLCCの「SCOOT」(スクート)ターミナル1
その地下にあるフードコートはオススメです。

P1310985
フードコートの「新東陽 美食広場」
台湾の老舗土産店「新東陽」が経営するフードコートです。

P1310984
このフードコートは「夜市」をイメージしてつくられているそうです。
台湾麺料理や小龍包、台湾風フライドチキン(炸雞排)、タピオカミルクティーのお店があります。
それもリーズナブルな値段で。

P1310983
とんちゃん夫婦が選んだのはこのお店。

P1310983 - 2
「新東陽」の方が目立ちます。
でも店名は上の看板にある「麥(麦)記」(マイジー)です。

P1310983 - 1
お店の脇にローストした鴨が下がっている。
「焼臘」(シャオラー)というロースト肉のお店なんです。 
ロースト肉をブツ切りしてご飯に載せ、野菜といっしょに出すという香港式のファストフードです。

「新東陽」は台湾では有名な土産屋。その会社がなんでロースト肉の店?
と、思うのですが。実は、訳があるんです。
新東陽の元の屋号は「東陽燒臘行」。そう、「燒臘」のお店なんです。
そして創業者は麥氏で、今の社長もその子孫。
そして「記」は「覚えている」「思い出す」という意味。
だから「麥記」は「麥氏は覚えている」、創業時のことを思い出すという意味。
新東陽が創業時を思い出して開店した、原点回帰のお店ってこと。

そう考えると、美味しいに違いない!

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

広州街観光夜市で夜食 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

IMG_20190913_2200412.jpg

 

カミサンと台湾ツアー。 
台湾北部の山間地にあるノスタルジックな九扮を観光して夕食。 
それから宿泊先の台北市のホテルに行きました。

宿泊先のホテルは「禾順商旅」(Your Hotel)。

ホテルの前は夜市になっていて、格好の場所です。

yoichi.jpg
地下鉄龍山寺駅の北西に「艋舺夜市」が広がっています。 
艋舺夜市は「広州街観光夜市」「華西街観光夜市」「梧州街観光夜市」3つの夜市の総称なのです。 

IMG_20190913_210358
ホテルが、広州街観光夜市梧州街観光夜市の交差点にある、といういい立地。 
部屋の窓から夜市を見下ろせます。  

IMG_20090101_001400
カミサンと2人で夜市を歩いた後、カミサンはお土産を買いに。
とんちゃんは広州街観光夜市で夜食をいただきました。 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

ノスタルジックワールド・九份で夕食 九戸茶語@台湾 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1310894

 

カミサンと台湾旅行。
台湾北部の山中にあるを観光して、そこで夕食です。  

場所は、九份のバス停から急な坂道に石段がある豎崎路軽便路とが交差したところにある広場。

P1310903
そこに面して建つ「九戸茶語」さん。
3階建ての建物です。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

台湾風パエリア、やっと食べられたマコモタケ! 城市商旅 桃園航空館(シティースイート・ゲートウェイ) [全国食べある記]

 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

P1310861

 

カミサンと台湾ツアー。
高雄市を出発して、台中市彩虹眷村を観光してから、台北市へ移動して昼食です。まぁなんとも慌ただしい。

P1310875
桃園空港近くにあるホテル「城市商旅 空港館」
海覇王グループが2007 年にオ―プンした10 階建・全客室数 151 室のビジネスホテルです。

P1310873
そこのレストランでランチです。

P1310874
空港に近いという地の利を活かして、観光客の団体がいっぱい利用しています。 

 

さて料理は…

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

一見カジュアル、実は本格四川料理の名店・・ 二胡々亭@茨城県牛久市 [全国食べある記]

台湾ネタはしつこく続きます。
ここで少し地元ネタを。σ(゚ー^*)


 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

P1320249.jpg 

ランチのお店を探していたら・・・
以前は焼肉屋さんがあったところに新店を発見。

P1320258.jpg
【営業中】のオレンジ色の幟が目印。

P1320257.jpg
店舗兼住宅のカジュアルな外観。
「中国料理店 二胡々亭」さんです。
「二胡々亭」で「にこにこてい」ですね。
「二胡」って・・・二本の弦を弓で弾く中国の弦楽器ですよね?

おっと!よく見たら「胡」の左が「古」じゃなくって、横棒が二本で、楽器だ!

実はここ、突然に閉店してしまった四川料理店「甲子亭」のオーナーの娘夫婦が開店したお店なんですって。
そのことを知らずに入ったときの記録です。f(^^;)

続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 

高雄市・六合夜市の屋台で担仔麺 台南の支店じゃない度小月 [全国食べある記]

 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

P1310792

 

カミサンと台湾ツアー。
2日目の宿泊先は高雄市の「高雄西子湾大飯店・愛河館」
高雄市の西端にある西子湾(せいしわん)に注ぐ愛河の近くにあるホテル。

”愛河のナイトクルーズと夕食”というオプショナルツアーが用意されていましたが、パス!
昼間に見た美麗島駅近くにある夜市にでかけました。

map.jpg
美麗島駅の西には有名な「六合夜市」、南東には小さな「南華路夜市」があります。

今回も前回同様に、夕食を食べた六合夜市のお店のことを紹介しましょう

P1310771.jpg
美麗駅から北に行くとすぐに「六合夜市」の入り口があります。
「高雄六合国際観光夜市」というのが、正式名称なんですね。

P1310772.jpg
300mの通りにいろんな屋台がいっぱい並んでいます。
端から端まで歩いて、気になるお店を探してみました。

1軒目は、【水餃・酸辣湯】を看板に掲げる「方記」さん。
昨日の記事でご紹介しましたが、ネット上でかなりの有名店です。

もう1軒は・・・

P1310801
丸い赤提灯を掲げる「度小月」さん。

P1310800
【台南口味】「台南風味」という意味。
台南名物「担仔麺」のお店です。

「度小月」は、本来は台南市に本店がある担仔麺発祥のお店です。
その「度小月」については、最後に紹介します。

でもここは台南市のお店の支店ではありません
台湾では担仔麺の多くの店が「度小月」を名乗っていて、六合夜市には「度小月」が2店あります。 

 

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

六合夜市で水餃子と酸辣湯 方記手工水餃@高雄市 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

 

カミサンと台湾ツアー。
2日目の宿泊先は高雄市の「高雄西子湾大飯店・愛河館」。
高雄市の西端にある西子湾(せいしわん)に注ぐ愛河の近くにあるホテル。

”愛河のナイトクルーズと夕食”というオプショナルツアーが用意されていました。
でもパスして、昼間に見た美麗島駅近くにある夜市にでかけました。

map.jpg
美麗島駅の西には有名な「六合夜市」、南東には小さな「南華路夜市」があります。

今回と次回は、夕食を食べた六合夜市のお店のことを紹介しましょう

P1310771.jpg
美麗駅から北に行くとすぐに「六合夜市」の入り口があります。
「高雄六合国際観光夜市」というのが、正式名称なんですね。

P1310772.jpg
300mもの通りにいろんな屋台がいっぱい並んでいます。
端から端まで歩いて、気になるお店を探してみました。

ところで、バイクに乗っている人がいますよね。
ここは歩行者天国なんですが、実際にはバイクが走っている
しかもたくさん走ってるので、気をつけないといけません。

高雄市内は、昼間もバイクが平気で歩道を走っているんです。
南の人の気質は順法意識に欠ける!と台北在住のガイドさんは言っていました。

いろんなお店がいっぱいあるんですが・・・
カミサンが気にいったお店はここ!

P1310787
【水餃・酸辣湯】を看板に掲げる「方記」さん。
カミサンが好きな酸辣湯があったからですね。
でも、とんちゃんは水餃子の方が気になりますよ。

値段は、酸辣湯が1杯30元=約100円、水餃子が1個(!)5元=約18円です。

後で知ったんですけど、このお店はネットで有名。
いろんなサイトで紹介されています。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

暑いときは和風出汁でいただく中華麺 喜楽@茨城県牛久市 [全国食べある記]

 

この投稿をInstagramで見る

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

P1310512

 

寒くなって来ましたが、暑かったときのことです。
牛久市役所正面入口のすぐ前にあるラーメン屋さん。
すっかり気に入って再訪です。

P1290952
「らーめん 喜楽」さん。

初訪はずいぶんと昔:すっきりした豚骨スープに腰のある麺
久々の再訪でお気に入り:豚骨&魚介のこっさりラーメン、好きです
「冷麺」こと、冷やしラーメン:山形名物・冷やしラーメンがここにある

まだまだ気になるメニューがありますよ。

ここでは料理をいただくとサービス券がいただけます。

P1310527.jpg
ラーメンの割引券。
そして、ざる中華限定の「味玉サービス券」
これをぜひ使ってみたいんですよ。(*^0゚)v

P1290953
赤い暖簾をかき分けて店の中へ。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

ランチは飲茶!大根餅にタロイモの春巻 黒檀の箸も購入 牡丹荘芸品館@台湾南投県 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1310721

 

カミサンとの台湾ツアー。
※記事の順番が前後してしまいました!
 前回の記事に書いた高雄市蓮池潭の龍虎塔の前に、今回の記事の昼食がありました。

日月譚がある山から降りてきたところで昼食です。
飲茶ですって。

場所は日月譚の北側、南投県埔里鎮にあるレストラン。
埔里鎮は水がきれいで、この埔里で醸造された紹興酒は台湾で一番旨いとされています。

ついでに台湾の行政区分について、ごく単純化して紹介します。

台湾には県・市・鎮・郷があって、は日本の町・村に当たり、県に属します。
ここは日本と似ています。
しかし市は2種類あって、鎮・郷と並んで県に属するものが14市ありますが、県に属さずに県と同格のものが9市あります。政府の直轄市が6市(台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市、高雄市)と省級市が3市(基隆市、新竹市、嘉義市)です。
中華民国は憲法上では、台湾の台湾省だけでなく、大陸にある多数の省も国の範囲としています。しかし実効支配しているのは台湾=台湾省と福建省の島だけなので、1997年に省の機能を停止しています。

P1310733
「牡丹荘」の看板。

P1310735
バスが駐車しているので、よく見えませんが・・・
「牡丹荘芸品館」さん。
「迎賓館」じゃなくって「芸品館」。

日本人のツアーで、日月譚観光後のランチの場所としては、定番のレストランらしい。

P1310736
デカい木の彫り物があります。 これ黒檀ですって。

P1310737
ここは、黒檀の家具などを売っているところなんです。
日本で買うより安いよ、っていうけど、やっぱ高いよ!(;´ρ`)

なぁんて思いながら、やっぱり黒檀製品の買い物をしちゃったんです。
でもそれは最後に。

2階のレストランでいただいた飲茶ランチについて・・・。 

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

露店風の店で缶ビール片手に魯肉飯で夕食、思わぬプレゼントまで 財神爺魯肉飯漢口店@台中市 [全国食べある記]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1310617

 

カミサンと台湾旅行へ。

桃園空港に到着後、そのまま台中に向かって、夕方に到着。台中市で最初の宿泊です。

P1310672
ホテルは、北区漢口路四段にある馥品大飯店(フル スプリング ホテル)。 

 

ツアーには夕食がついていません。
オプションで「台湾料理の夕食」ってのがありました。
でもそれをパスして、カミサンと2人で食事に出かけました。

夜市の露店で食べてみたいけど・・・ちょっと距離があって歩いてはいけない。
それで、ホテルの前の通りをブラブラ。
ホテルが建つ漢口路を東へ・・・梅川を横断して進みました。

お店はいっぱいあって、それぞれ良さそうなのですが・・・
あんまりディープな店はカミサンが嫌ってます。
「粗食」を掲げる肉のない、台湾風ベジタリアンのお店もパス。

で、わたしたちが夕食に選んだお店はここ。

P1310629 
「財神爺魯肉飯 漢口店」さん。

台湾名物・魯肉飯のお店であることは一目瞭然。
魯肉飯は、豚バラの角煮(魯肉)をご飯に載せた、台湾の代表的なかけご飯。
本来は「滷肉飯」と書くんですけど、いつからか「魯肉飯」の字が使われている。

創立1953年っていうんだから、かなり古くからあるお店みたい。
 ⇒facebook:財神爺魯肉飯-漢口店

西屯区与恵来路にある財神廟の近くの屋台が発祥だそうです。
その創業店は、いまも西屯区にあって、なんと24時間営業だそうです。

P1310630 
屋根のない露店ではないけど、壁のないオープンエアのお店です。 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | - 全国食べある記 ブログトップ