So-net無料ブログ作成
温泉・旅館・民宿 ブログトップ
前の10件 | -

洞爺湖温泉で自家農園製野菜いっぱいの朝食 北海ホテル@洞爺湖町 [温泉・旅館・民宿]

P1210575

 

2年前の今ごろ。洞爺湖に行きました。
湖畔にある洞爺湖温泉に宿泊。

hokkaihotel.jpg
温泉街から少し離れた湖畔に建つ和風旅館・北海ホテルに宿泊しました。
(写真はgoogle Mapから。)

朝食会場は夕食と同じところ。

P1210610
料理がズラッと並んでいます。 

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

洞爺湖を眺めながら源泉かけ流しの温泉にひたる 北海ホテル@洞爺湖温泉 [温泉・旅館・民宿]

P1210570

 

2年前の今ごろのこと。洞爺湖温泉に泊まりました。
洞爺湖温泉は、洞爺湖畔にあって、洞爺湖町(旧虻田町)と壮瞥町にまたがる温泉街があります。 

 

泊まったところは、温泉街の西の端にある温泉旅館の北海ホテル

hokkaihotel.jpg
(写真はgoogle Mapから。)
ここには源泉かけ流しの温泉がある、というので楽しみにしてやって来ました。 

P1210615
2008年に開催された北海道洞爺湖サミットで、英国代表団がここに泊まったそうです。

P1210614 
駐日英国大使を囲んだ記念写真。

では、浴場へ。

P1210557 
「ゆ」の暖簾が下がった浴場。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

洞爺湖畔の温泉旅館で夕食 北海ホテル@洞爺湖温泉 [温泉・旅館・民宿]

P1210534

 

2年前の今ごろ。洞爺湖に行きました。
湖畔にある洞爺湖温泉に宿泊。

hokkaihotel.jpg
温泉街から少し離れた湖畔に建つ和風旅館・北海ホテルに宿泊しました。
(写真はgoogle Mapから。)

ここにしたのは、源泉かけ流しの温泉があること。
料理が「洞爺湖産・噴火湾産の魚介類自家農園栽培の野菜等を主体」なこと。
ホテルが洞爺湖の漁業権を持っているそうです。
そして料金が安かったことです。(^^)

かけ流しの温泉については次回の記事で紹介します。
今回の記事は夕食のこと。

P1210556
ここが食事会場。あまり広くないレストランです。
客室全32室ですから、この程度でも大丈夫なのでしょうか。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

魚と海藻の健康朝食 明神崎荘@宮城県南三陸町 [温泉・旅館・民宿]

P1180799

昨日に引き続き、宮城県南三陸町にある民宿のこと。
その南三陸町の中心街から2km位離れたところにある志津川湾を望む明神崎に建つ民宿に泊まりました。

main_img_access
明神埼荘さん。(写真はHPから:http://myojinzakiso.com/

朝飯前にちょっと散歩してみました。

P1180785
民宿から1段下の駐車場に「牡蠣倶楽部」と書かれた小屋。
2016年10月に明神崎荘の経営主・佐々木さんたち牡蠣漁師が立ち上げた牡蠣倶楽部。
牡蠣船体験や牡蠣食べ放題ができるそうです。
 牡蠣船体験では、牡蠣いかだと牡蠣の水揚げの見学、牡蠣磨き体験が2000円。
 そして3000円で牡蠣食べ放題!牡蠣料理もいただけます。
 ⇒牡蠣倶楽部HP:https://mskakiclub.jimdo.com/

ということは、ここに来てから知りました。

P1180786
ホテルの脇に止めてあった軽トラックの荷台には・・・獲れたてのカキ!(*゚Д゚*)ェ…
昨日の夕食でいただいたのは、こういう牡蠣ですね。

もしかして朝食にもカキが登場するんだろうか・・・ぜいたく・・。

さて、朝食です。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カキ漁師の民宿は魚介類が旨いのだ 明神埼荘@宮城県南三陸町 [温泉・旅館・民宿]

P1180777

今年の3月のことです。
息子と一緒に東日本大震災の被災地を巡りました。
テレビでの情報しか知らない息子に、その目で一度は見た方がいいよ、というので親子というか男2人旅をしました。

宮城県気仙沼市から岩手県陸前高田市へ北上し、Uターンして宿泊先の宮城県南三陸町へ向かいました。

南三陸町というと、防災対策庁舎から防災無線で「大津波警報が発令されました。高台に避難してください」と町民に避難を呼び掛け続け、自らが津波の犠牲になった町職員遠藤さんの悲劇があった町です。

その南三陸町の中心街から2km位離れたところ、志津川湾を望む明神崎に建つ民宿が宿です。

main_img_access
明神埼荘さん。(写真はHPから:http://myojinzakiso.com/

myojinzaki.jpg
(南三陸観光協会の写真:http://www.m-kankou.jp/archives/16416/
2015年3月10日にオープンした3階建ての新しい建物。
カキ養殖をするご主人が経営する漁師民宿です。

以前は「向(むかい)」という民宿で、海沿いにあったのですけど、東日本大震災の津波に被災。
その後、一時期大阪で働いていましたけど、ここに戻って高台に新しい民宿を再開したそうです。

P1180787
シンガーソングライターの森本ケンタさんのサインが飾られていました。

さて、お風呂に入って夕食です。
なんてったって、カキ養殖の漁師さんの民宿ですからね。
そりゃもう、とっても期待して食堂に向かいましたよ。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐渡市両津の元妓楼・金沢屋旅館のいろいろ [温泉・旅館・民宿]

2017-02-09T23-14-57-8fb8d

佐渡市両津の老舗旅館に泊まりました。
1887年(明治20年)に建てられたという古い建物。
しかしその旅館が、ただの旅館ではなかった、ということを後で知ってびっくり!

今日の記事は、その旅館のことです。 

P1160723
現在の玄関は道路と直角についています。
でもこれは、道路拡張工事で玄関部分を改築したためらしい。
本来は、正面の「コ」の字がもっと深くて、道路に面して玄関があったのでしょう。

この旅館は、実はかつては「貸座敷」だったんです。

貸座敷とは・・・
明治5年(1872年)、明治政府はた娼妓(しょうぎ、遊女)の人身売買規制などを目的とする芸娼妓解放令を出し、娼妓たちは妓楼か(遊郭)ら解放されました。
でも売春そのものは禁止されず、妓楼は「貸座敷」と名称を変えて、娼妓が部屋を借りて売春業を行うという形式になりました。
これは許可を得て行う売春業で、こうした公娼制度は第二次大戦後まで続きます。 


そんな宿のことを紹介します。

続きを読む


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

老舗旅館で美味しい朝食 金沢屋旅館@佐渡市両津 [温泉・旅館・民宿]

P1160686

担々麺ネタが続きましたが・・・佐渡ネタに復帰です。 

佐渡市両津港の近くに宿泊しました。
今回の宿泊先は古い旅館。
実はただ者ではない旅館だったんですが、それはまた後ほど。

夕食は外へ出て、宿で朝食をいただきました。 

P1160724
道路に面した部分は、コの字型になっている旅館の建物。

P1160612
夜に見るとさらに趣のある旅館です。

P1160723
1887年(明治20年)に建てられたという古い建物。
道路拡張工事で玄関部分を改築したとのこと。
きっと「コ」の字がもっと深くて、道路に面して玄関があったんでしょうね。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シンプルに朝食:地元産食材を使えないこと 丸三旅館@福島県相馬市 [温泉・旅館・民宿]

P1160325 

福島県相馬市に行ったときのこと。
市街地のホテルではなく、市内の観光地に泊まりました。

P1160350
松川浦の湖岸近くに建つ旅館。

P1160351
丸三旅館」さん。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

泊まって支援:夕食のドリンクは持ち込みましょう 丸三旅館@福島県相馬市 [温泉・旅館・民宿]

P1160300

福島県相馬市に行った夜のこと。
市街地のホテルではなく、市内の観光地・松川浦に泊まりました。

松川浦は、砂州によって太平洋の海と隔てられた潟湖(せきこ)。
砂州には松林が続き、浦内には大小いくつかの島々が点在する「小松島」と言われる景勝地で、県立自然公園に指定されているところです。
しかしその松川浦が東日本大震災の津波で破壊されてしまった。

松川浦には、いくつものホテル・旅館があって、海岸近くにあって津波に被災したところも多くありました。
いまは、観光復興に向けてみなさんで取り組みをなさっています。
 ⇒相馬市松川浦観光振興グループ:http://matsukawaura.com/

今回泊まったところも、津波で被災した旅館の1つです。

P1160351
丸三旅館」さん。

P1160350
かつて1階は酒屋で2階は宴会場だったそうです。
津波で1階は大破、2階まで浸水した。
建物を改修して、2012年1月から営業再開されました。

ただし1階にあった酒屋は閉店。
津波で住居が流され、近所に住む人がほとんどいなくなったかららしい。

松川浦のビデオがあります。
震災直後と復興の様子、そして新たな取り組み「復興チャレンジ丼」を紹介しています。
以前に泊まった旅館いさみやさんや、今回泊まった丸三旅館さんの被災の様子も登場します。 

◆弊ブログでの記事

津波被災とその後の状況については過去の記事をご覧ください。
 ⇒津波の傷跡と復旧:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2013-02-24
 ⇒松川浦と原釜地区:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2014-02-22-7

これまでに宿泊した被災後の旅館です。
 ⇒旅館いさみや:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2013-02-19-1
 ⇒亀屋旅館:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2014-02-21-1

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

嬉しいサービスのビジネス旅館 杵屋旅館@京都 [温泉・旅館・民宿]

P1150740

京都に行った時で飲み歩いた記事が続いています。
今回は宿のこと。
というのも泊まったところがなかなかユニークで、しかも飲みの延長としてご紹介します。

日程が近づいてからホテルを探したもんで、適当に安い宿がなかなか見つかりません。
京都はさすがに観光地だけあって、ホテルはいっぱいあるんですけど、それなりに高い。
でも近年はドミトリータイプの安い宿もいくつもあることも発見です。
町屋を改造したドミトリーなんて、なかなか面白そうです。
でも、なかなか・・・

そんな中で、二条駅近くに宿泊先をみつけました。
杵屋旅館」さんという旅館です。
 ⇒杵屋旅館:http://kineyahotel.kyoto.jp/

二条駅から東へ約150m。

路地を入ったところにありました。

P1150546
「ビジネスホテル杵屋」の看板。
おっと、旅館じゃなくて、ビジネスホテルですか?

P1150547
和風の建物を想像していたら、なんと、コンクリート打ちっぱなしの意外にモダンな建物です。
ふーむ、これはビジネスホテルっぽい。

P1150548
でもビルの壁にはしっかり「杵屋旅館」のプレート。
やはりこれが本来の名称なんですね。

1945年創業の旅館で、建物は1988年に改築したそうです。
ビジネスホテルじゃなくて、ビジネス旅館っていうのが、よくありますけど、そんなところなんですね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 温泉・旅館・民宿 ブログトップ