SSブログ
 

北海道の大沼公園から駒ケ岳を望む [旅行先]

P1510549

 

※本日1軒目の投稿です。 

9月の初め、札幌の実家に帰省したときの連載を再開します。
2泊3日の函館観光を終えて、レンタカーで札幌へ。

途中で、大沼公園に立ち寄りました。

P1510556
大沼は国定公園。1958年に、全国で13番目の国定公園となりました。

大沼だけでなく、小沼蓴菜(じゅんさい)沼をはじめ大小の沼があり、公園の総面積は9,083ヘクタール。東京ドーム1900個分、って言っても想像できないですね。大田区や世田谷区よりも広いんですよ。

大沼とか小沼とか、「沼」だから「小さくて浅い」とイメージしてしまいますが、全然違います。「沼」ではなく「湖」と言った方が適切です。

表面積、最大水深、平均水深は、それぞれ、大沼が5.12平方キロ、12.2m、4.7m、小沼が3.8平方キロ、5.5m、2.3m、蓴菜沼が0.75平方キロ、4.6m、3.0mあります。

湖沼学では、深い水底を持ち少なくとも中央部に水生植物が生えないものを「湖」、浅い水底でその全面で水生植物(沈水植物)の生育が可能なものを「沼」としています。
その定義からすると、大沼や小沼は、「沼」ではなく「湖」です。


大沼公園内を少しだけ散策しました。

続きを読む


 
タグ:北海道 観光
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

箱館五稜郭の中心、箱館奉行所が材料も工法も当時のままに復元されてる! [旅行先]

P1510422

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

実家に帰省するついでに函館観光をしました。
五稜郭タワーに上ってから、五稜郭内へ。

P1510408
五角形をしているので五稜郭。

P1510407
幕末の1854年(安政元年)、日米和親条約で下田箱館(いまの函館)が開港。箱館山のふもと(現在の元町公園)に箱館奉行所が設置されました。
しかし外国からの攻撃を考慮して、港から離れたここに箱館奉行所を移転。
その際、ヨーロッパの城塞都市をモデルに星型五角形の外堀を築いたことから「五稜郭」と呼ばれました。
1864年に五稜郭と箱館奉行所が完成しました。

P1510409
堀を渡って入口へ。

P1510410
箱館奉行所への入口。

P1510413

P1510412
かつてここに番所があったことが、発掘調査で確認されたそうです。

P1510415
箱館奉行所
すんげぇ立派!w(*゚o゚*)w

実は、こんな立派な建物があることを知らずにやってきました。

五稜郭の築造は1857年から始まり、1864年に奉行所が移転しました。
しかしその4年後の1898年に明治維新となり、箱館奉行所は明治政府に引き渡されます。
そして箱館戦争の舞台となって建物は破壊、1871年に建物が解体されました。

その後、ここは公園となり、建物はありませんでした。
しかし1960年から発掘調査が行われ、2006年から奉行所の復元工事が行われて、2010年に奉行所が再現されていたんです。

140年の時を経ての復元。
しかも同じ場所に、建設当時と同じ材料、同じ工法を用いて、可能な限り忠実に復元するという、すごい復元なんです。

P1510416

P1510738
入館料は500円。

続きを読む


 
タグ:観光 北海道
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

土方ファンならずとも感動しちゃう 土方歳三函館記念館、五稜郭タワー@北海道函館市 [旅行先]

P1510394

 

実家に帰省するついでに函館観光をしました。
カミサンが土方歳三の大ファンなので、土方ゆかりの地を巡ります。

Open-Live-Writer/2cd2428baf93_D5DD/P1510730_a64685a6-130d-4a74-a90d-2605c595981e.jpg
初日に、土方歳三函館記念館
「土方・啄木浪漫舘」の1階が土方記念館で、2階が石川啄木函館記念館です。
※以下、写真はパンフレットからの転載です。

 
壁面いっぱいに土方歳三の写真で、土方ファンは入る前から感激です。

Open-Live-Writer/2cd2428baf93_D5DD/P1510731_6cf48300-27a9-48e9-9b53-4e7b47e674b3.jpg
ここは土方ファンには見逃せない必見ポイントです。
⇒土方歳三函館記念館HP:http://www.romankan.com/hizikata/

Open-Live-Writer/2cd2428baf93_D5DD/P1510732_108dd30d-534b-46a7-ad99-621aa38f73b4.jpg
土方ゆかりの品々がたくさん展示されています。

空港から函館市街地へ向かう途中にあるので、ホテルにチェックインする前に立ち寄りました。

 

 

函館2日目五稜郭へ。
五稜郭近くのホテルに泊まったので、歩いて向かいました。

五稜郭へ行くまえに、五稜郭脇に立つ五稜郭タワーへ。

img_hero
(五稜郭タワーHPより:https://www.goryokaku-tower.co.jp/facility/about/

あれ?この五稜郭タワー、記憶にあるのよりもグンと高いぞ?

続きを読む


 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ハルさんも立ち寄った北条の旧呉服店で休憩、情報収集 北条ふれい館@茨城県つくば市 [旅行先]

P1490095

 

旧筑波小学校で開催された「魔女のフェスタ」に行ったのですが、車の渋滞を見て、すぐに入場を断念。
でもせっかく筑波山麓まで来たので、北条の「カフェ ポステン」さんへ行くことに変更。
カフェのオープンは11時なので、開店まで北条の街を歩いてみました。

 

筑波山参拝の門前町として栄えた「北条」には、国登録有形文化財がいくつもあります。

P1490085
そのひとつ、大正末期の店蔵、旧田村呉服店無料休憩所として開放されています。

P1490086
「北条ふれあい館」さん。
北条街づくり振興会が、街の情報発信と交流の拠点として2012年8月から開設している無料休憩所。土日・祝日の10:00〜16:00に開いています。

以前は田村呉服店だったところ。昔の電話番号は5番だったんですね。

P1490099
北条街づくり振興会のメンバーが交代でお店番をされています。

P1490090
2022年4月21日放送のNHK「ふるカフェ系 ハルさんの休日」「カフェ ポステン」さんが紹介されたときに、ここも登場。
真田ハルこと渡部豪太さんを囲んだ記念写真があります。

なお車は北条商店街共用駐車場に停めましょう。

 

 

続きを読む


 
タグ:観光
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2022年笠間の陶炎祭(ひまつり)での陶器たち [旅行先]

P1480308

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

今年も「笠間の陶炎祭(ひまつり)」が開催されています。
日時:4月29日~5月5日、9:00~17:00(公式サイトには開催時間が脱落)
場所:笠間芸術の森公園イベント広場
料金」会場入場料500円、芸術の森公園駐車場500円   
⇒笠間のひまつり公式サイト:https://www.himatsuri.net/

駐車場は、芸術の森公園入口交差点から一番近い南駐車場(290台)、その先に西駐車場(120台)、会場から一番近い北駐車場(380台)、さらに東駐車場(380台)と臨時駐車場(200台)があります。
周辺には教育研修センター(750台)、畜産試験場跡地(500台)、その他市内数か所にあります。
駐車場地図(pdf)

天気が良くない5月1日にカミサンと行きました。   
9時過ぎに到着しましたが、南駐車場は満車でしたが、西駐車場に駐車できました。
しかし昼には雨が降ってきたので、食事を含めて3時間ほどの滞在でした。

P1480295

P1480296
会場入り口には恒例の看板が立っています。

map1
参加ブースは全部で214もあります。
この記事では、並んでいた陶器のほんの一部をアップします。

続きを読む


 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ネモフィラの青い絨毯が見たくなって ひたち海浜公園@茨城県ひたちなか市 [旅行先]

P1480142

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

ひたち海浜公園に行ったお土産に、ネモフィラの写真がついたスイーツをもらいました。
それをカミサンに見せたら、「ネモフィラが見たい!」と去年から言っていたカミサンのネモフィラ熱が発火点に達し、燃え上がってしまった。

ネモフィラの開花予想(国営ひやち海浜公園HPより)
kaika

開花予想によると、GW前に行くのがベストなんですね。
それで、とある平日の午後「これからネモフィラを見に行く!」とカミサンから連絡が入りました。

しかしその日の天候は曇天で、夕方からは雨という悪条件。
いや、悪条件だからこそ客が少ないはず!
そう見込んだカミサンの決断は早かった、というわけ。

しかも閉店間際が空いているという情報があるので、遅れ気味にひたち海浜公園へ向かいました。

渋滞も混雑もなしに、スムースに西駐車場に入りました。
駐車場はガラガラ。

P1480156
西口・翼のゲートに着いたのは午後3時過ぎ。(写真は帰りに撮りました)

続きを読む


 
タグ:観光 茨城
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌らーめん共和国店に「五番舘」のおもかげ発見 [旅行先]

札幌ラーメン共和国の記事のスピンオフ。
本来の記事、らーめん共和国のラーメン店「幸村」の記事は、この記事の後にあります。

札幌に帰省して、「札幌エスタ」にある札幌ら~めん共和国へいったときのこと。
昔懐かしいものを発見しました。

P1450865
レンガ壁に「五番舘」の文字。

懐かしー!(≧▽≦)

架空の広告や店名が並ぶラーメン共和国の中で、これだけは実名です。

続きを読む


 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水戸黄門様と助さんの晩年の地 西山荘(西山御殿)@茨城県常陸太田市 [旅行先]

P1450189

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

奥久慈の夫婦旅行。
1日目は大子町で、月待の滝に行き、もみじ苑で蕎麦のランチ、そして袋田の滝へ行き、常陸大宮市の秘湯の宿へ。
2日目は、常陸大宮市で舟納豆と道の駅、そして常陸太田市へ。

「水戸黄門」で知られる徳川光圀の晩年の隠居所へ向かいました。
西山荘(せいざんそう)西山御殿とも呼ばれるところです。
水戸藩二代目藩主・徳川光圀が、藩主の座を退いた後、没するまでの晩年を過ごしたところで、『大日本史』の監修に当たった場所だそうです。

ここに行くとき、カーナビやグーグルの目的地設定には要注意。
西山御殿(西山荘)の住所「常陸太田市新宿町590」や電話番号を設定すると、市営斎場から山中を歩くコースが出てきちゃいます。でも、実際には行けません。
「西山の里 桃源」の住所「常陸太田市新宿町57」や電話番号「0294-73-1300」に設定しましょう。


P1450174
休憩施設「西山の里桃源」が入口です。
中にはレストランもあります。

P1450175
館内にある西山荘のペーパークラフト
「御殿」と言うにはほど遠い茅葺屋根の家ですね。

P1450176
施設を通り抜けると、池がある広い庭園があります。この先に西山荘があります。

続きを読む


 
タグ:茨城 観光地
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

袋田の滝と四度瀧不動明王、崖にある奥の院が本殿なんです! @茨城県大子町 [旅行先]

P1450024

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

昨年11月に夫婦で茨城県北の大子町や常陸大宮市に1泊旅行したときの記事を連載中。
1日目、ランチは、大子町の月待の滝を見ながらもみじ苑で手打ち蕎麦をいただきました。

その後、有名な袋田の滝へ。

P1450035
袋田の滝は、久慈川の支流・滝川に架かる袋田の滝は、高さ120m、幅73mの大きな滝。
滝の流れが大岩壁を四段に落下することから「四度(よど)の滝」とも呼ばれている。  
栃木県日光の華厳の滝、和歌山県の那智の滝とならぶ日本三名瀑に数えられる滝です。

新型コロナ禍の緊急事態宣言のため8、9月は利用禁止でしたが、10月から利用再開しました。

P1450036
10月~翌年1月の期間は、滝をライトアップする大子来人(だいごらいと)が行われています。
ライトアップの時間帯は、10・11月は日没~午後8時、12・1月は日没~午後7時。
わたしたちは宿の予約時間があるので、ライトアップした姿は観ませんでした。

hukuroda_map
(地図は大子町観光協会HPより)
入口から滝までは袋田の滝観瀑トンネルがあります。
1979年に完成したトンネルは、276mの長いトンネルです。   

続きを読む


 
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉に囲まれたパワースポット 月待の滝 @茨城県大子町 [旅行先]

P1450001

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿

 

昨年11月に夫婦で茨城県北の大子町や常陸大宮市に1泊旅行しました。そのときの記事をしばらく連載します。

1日目は大子町にあるパワースポットへ。
大子町と言うと袋田の滝が有名。でも、もっと静かで神秘的な滝があり、そこに蕎麦屋さんがあることを@stk1031さんのインスタで知りました。
滝を見ながら蕎麦をいただくなんて、いいじゃない!ということで向かいました。

滝は「月待の滝」、蕎麦屋は「もみじ苑」さん。

月待の滝は、久慈川の支流・大生瀬川にある、落差17m、幅12mの三筋に流れ落ちる滝。
今ではテレビをはじめ多くのメディアに取り上げられているパワースポット。そこにもみじ苑があります。

実は、もみじ苑と月待の滝との関係は、切っても切れない仲なのです。

月待の滝は、1970年代には地元でもあまり知られない隠れた存在の滝でした。
その滝に魅せられた現もみじ苑の店主が、1984年に25歳で滝壺近くに喫茶店を開店。滝周辺を整備し、滝の美しさが見直され、有名になったそうです。

この滝の名が「月待の滝」であることを再発見したのもまた、もみじ苑の店主です。
このことについて詳しくは最後に書きます。

          

map2
(地図は、もみじ苑HPhttps://momijien.com/store/より)
久慈川にかかる嵯峨草橋を渡り、滝に近い駐車場は第1駐車場です。
とんちゃん夫婦は、手前にある第3駐車場に車を停めました。

P1450013
滝からやや遠い第3駐車場は、結果的に大正解でした。

P1450012
月待の滝への案内板に従って進むと、美しい景色の小道に出会えるのです。

続きを読む


 
タグ: 観光
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感