SSブログ
 

缶入赤星が6月から限定販売だ!ヽ(^◇^*)/ [うまい食品]

缶入赤星が売られています。

缶入「サッポロラガービール」が2017年6月20日(火)から数量限定で発売されました。
 ⇒サッポロビール「「サッポロラガービール」缶 今年も数量限定発売」

bg_01

赤星とはなにか?
ご存知ですよね。σ(゚ー^*)

「赤星」とはサッポロラガービールのこと。

img_beer.png
「サッポロラガービール」は、業務用市場を中心に大瓶・中瓶のみが販売されています。
その缶入りが、2014年の年末、2016年に7月と11月の2回、そして2017年には今回が初です。
販売量は20万ケース(大びん633ml×20本換算)です。

P1200275 P1200277
表面 裏面

表面は、瓶のラベルを忠実に表現したデザイン。
その上に「2017」と書かれています。

そして裏面は1876年の最も古いラベルの再現です。

このビールが、深みがあって旨いんですよ。(*^^*)
とんちゃんはとても好きです。

サッポロラガーだけでなく、キリンクラシックラガーもあるぞ。
キリンも好きですよ。
でもとんちゃんには、やっぱりサッポロなんです。
だって、北海道出身ですから。σ(゚ー^*)

 

最後に蘊蓄。
「ラガービール」とは。

日本では、熱処理していない生ビールドラフトビール、熱処理したものを「ラガービール」と呼んでいます。
しかしこれは、日本独特の定義。

本来、「ラガー」はビールの製法のこと。
10℃前後の低温でゆっくり醸造させるビールが「ラガー」。
日本のほとんどのビールは、生ビールも含めてラガービールです。
それに対して、常温で短期間に醸造するビールが「エール」です。
最近は国産4大メーカーもエールも販売しれています。

そして、「ドラフトビール」とは、アメリカやヨーロッパでは樽詰ビールのこと
熱処理しても樽詰めならドラフトです。

日本では、熱処理したものを「ラガービール」と呼びます。
なぜ熱処理するかというと、酵母菌を殺菌して、発酵を止めるためです。
だからビールは熱処理するのが普通なのです。

ところが日本には、熱処理していないものを生ビール=ドラフトビールがあります。
熱処理していない、ということは生ビールの中で酵母が生きているのか?
実はそうじゃないのです。
ビールをろ過して酵母や細菌を取り除いているので、ドラフトビールに酵母はいません。


 
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大白兎奶糖:ミルキーみたいな中国ミルクキャンディー [うまい食品]

P1190632.jpg

昨日の記事は地元にある四川料理を掲げる中華店で麻婆豆腐定食でした。
そのお店のレジでキャンディーをいただきました。

今日はこのキャンディーのことを紹介します。

P1190633
可愛らしい兎のロゴがついた包み紙。

P1190634
大白兎」と書いてあります。

「奶糖」の「奶」はミルク(乳)のことで、「奶糖」はミルクキャンディーのこと。

だから「大白兎」印のミルクキャンディーってことです。
これが世界的になかなか有名なキャンディーだったんです。

 

 

続きを読む


 
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美人すぎるラーメン店主監修の「ベビースターラーメン汁なし担々麺味」は辛いぞ! [うまい食品]

P1180184

近所のローソンに入った時に、変わった商品を発見!

P1180177
「汁なし担々麺」です。

【うま辛ミンチと山椒が効いた】とある担担麺だから、こいつは旨そうですよ。(*^^*)
しかも【女性ラーメン店主監修】で、美人ラーメン店主の写真入り。

ほほぉ、美人店主監修の汁なし担々麺、いいじゃないですか。

と、手に取ってよく見ると・・・・

P1180179
な、なんと。

ベビースターラーメンだ!(*゚Д゚*)ェ…

ベビースターラーメンの汁なし担々麺「味」じゃないですか。

自家製麺のラーメン店「ほうきぼし」の女性店主・毛利友紀乃さん監修のベビースターラーメンなんです。

続きを読む


 
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【エースコック】らーめん空監修 辛味噌カップラーメン [うまい食品]

P1170576

新千歳空港の「北海道ラーメン道場」にある「らーめん空(そら)」さんで、味噌ラーメンをいただきました。
ラードとニンニクが入った豚骨のコッテリスープだけど生姜が効いてあっさり感のあるスープ。
中太のシコシコした麺。
奇をてらわない、正統派、オーソドックスな札幌味噌ラーメンという感じのラーメンでした。

その「らーめん空」さんの人気メニューは辛味噌ラーメンだそうです。
次回は、それを食べたいなと思っていたら・・・

なんと!
カップラーメンが販売されました。

2017年1月9日から、エースコックのカップめんが販売されるらしい。
「全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン
 ⇒エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=568

 

karamiso

スープは、直火で炒めた香ばしい味噌をはじめ、数種の味噌に豚エキスや豚脂でコクを付けた“味噌スープ”。
生姜やにんにく、玉ねぎなどの香味野菜を加え、唐辛子や山椒をきかせて仕上げられている。
かやくは味付け肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、唐辛子。
というラーメンだそうです。

早速、コンビニで購入しましたよ。

続きを読む


 
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

男子ごはん 新春2時間SP(2017)「裏トーク大賞2016」パクチーポテトチップスなど [うまい食品]

正月気分も抜けて仕事を再開している方々が普通かと思います。
そんな中で、正月番組で気になったものがあったので、記事にします。

2017年1月2日(月)にテレビ東京系で放送された「男子ごはん」。
「新春SP 佐々木蔵之介&上野樹里&岡村隆史が絶品料理を作る!」でした。


本題の料理では、料理家の栗原心平さんが「ビーフカツ&ビーフカツサンド」を紹介。これがすごく旨そうなの!
さらに「お酒がすすむ!絶品おつまみ3品」として、「豚バラと豆腐とニラのゆずこしょうとろみあん」を紹介。
これ、実家で作って食べたら、家族に大好評!

 

でも、この番組で気になったのは、そんな本題の料理じゃなくて、別のコーナー。

 

裏トーク大賞


その番組中の「裏トーク」のコーナーで紹介された45品から「裏トーク大賞」を決めようというもの。

ノミネートされた商品は以下の5つ。
 1.ご飯にかけるギョーザ
 2.パクチーポテトチップス
 3.からし蓮根チップス
 4.鮪ジャーキー
 5.山椒ソーセージ”

詳しくは・・・

 

続きを読む


 
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

缶入り赤星が11月から限定販売されてる(た)ぞ! [うまい食品]

情報としては、完全に遅きに失しています・・・

赤星が売られています(した)。 

2016winter01
(赤星のサイトより:http://www.sapporobeer.jp/lager/

赤星とはなにか?
弊ブログをご覧になっている方は、もうとっくにご存知ですよね。σ(゚ー^*)

「赤星」とはサッポロラガービールのこと。

「ラガービール」とは。
日本では、熱処理していない生ビールドラフトビール、熱処理したものを「ラガービール」と呼んでいます。

正確に言うと「ラガー」は、ビールの製法のこと。
10℃前後の低温でゆっくり醸造させるビールが「ラガー」。
日本のほとんどのビールは、生ビールも含めてラガービールです。
それに対して、常温で短期間に醸造するビールが「エール」です。

ドラフトビールとは、アメリカやヨーロッパでは樽詰ビールのことで、熱処理しても樽詰めならドラフトです。
日本では、熱処理していないものを生ビール=ドラフトビールとしています。
ただし、熱処理していないから生ビールの中では酵母が生きているのか?と思うと、そうじゃないです。
ビールをろ過して酵母や細菌を取り除いているので、ドラフトビールに酵母はいません。

蘊蓄が長くなりすぎました。 
要するに熱処理していないのがラガービールです。

img_beer.png
これがサッポロラガービール
ラベルに赤い星があるので「赤星」という愛称で呼ばれています。
1877年から発売されている歴史あるビールです。

ただしこの赤星は、瓶ビールでしか販売されていない
缶ビール主流の現在、スーパーではなかなか目にすることがない。

その缶入りバージョンが、2014年末に全国の主要コンビニで限定販売されました。
 ⇒サッポロビールの赤星がコンビニで買えるなんて!
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2015-01-19

そして今年の7月12日から20万ケースが限定販売されたんです。
 ⇒缶入り赤星が限定販売されるぞ!:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-07-07

大喜びしていたんですが・・・
限定販売だったので「真夏の夜の夢」のごとく,しばらくしたら姿を消してしまいました。

ところが!
最近また、コンビニ、スーパーに缶入り赤星が並んでいるじゃないですか!

なんと、2016年11月22日から20万ケースの数量限定で、ふたたび発売されていたんです!
 ⇒「サッポロラガービール」缶 数量限定で再発売
  :http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021443/

2016winter01 - コピー
夏に販売されたものと同じく、瓶ラベルを忠実に表現したデザイン。 

7月の限定販売が、予定を2割以上も上回る販売実績となったので、再発売することになったそうです。
嬉しいです!ヽ(^◇^*)/ 

P1140179

P1140180
裏面は1876年の最も古いラベル。

P1140257
なんだろ。この味。
落ち着いた深みが旨いんだな。 

恒常的に販売してほしいな。
サッポロビールさん、たんのんます! 


 
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

缶入り赤星が限定販売されるぞ! [うまい食品]

7月12日(火)から赤星が缶入りで限定販売されるそうですよ!(^0^)

赤星って、知ってますか?
元プロ野球選手のことじゃありませんよ。

「赤星」とはサッポロラガービールのこと。

正確に言うとラガービールは、ビールの製法のことで、日本のほとんどのビールはラガービールです。
それらのうち熱処理していない(ろ過して酵母菌を除去する)ものを日本では「生ビール(非熱処理)」とか「ドラフトビール」と呼び、熱処理したものを「ラガービール」と呼んでいます。

これがサッポロラガービールです。

img_beer.png

サッポロラガービールは、ラベルに赤い星があることから「赤星」という愛称で呼ばれています。

赤星には長い歴史がありますよ。
明治維新後に置かれた北海道開拓使、1876年にその麦酒醸造所が設置され、翌1877年から札幌ビールが販売される。
これがサッポロラガービール=赤星のルーツ。

赤い星は、北海道開拓使のマーク、北極星なのです。
開拓使麦酒醸造所が製造したラガービール以来、赤星がトレードマークなのです。

とんちゃんは道産子です。
道産子にとって、ビールと言えばサッポロ、チーズと言えば雪印です。
そのサッポロビールの中でも最古参がこの赤星。
とんちゃんの親父の晩酌にはいつも赤星がありました。

ちなみに非加熱処理(ろ過)タイプの黒ラベルは1977年に全国販売されます。
しかし、ろ過タイプ以前の正に酵母が生きている生ビール「サッポロ壜生ビール」(びん生)は1957年から東京などで、1958年から北海道で販売されます。
そしてヱビスビールの誕生は1890年、その復活は1971年。

mihune.jpg
1970年からのCM、三船敏郎さんによる「男は黙ってサッポロビール」。
豪快な飲みっぷりで、大ヒットしたCMです。

何を飲んでいるのかよく見えないのですが、1970年のビールは赤星なのです! 

うんちくはいいとして、このビールの味は?
これがまぁ、懐かしいほどに深い味わい、苦みがあるビールなのです。
要するに格別の旨みがあるの。
クーっ!旨い!o(>▽<)o

しかしこの赤星は、瓶ビールでしか販売されていない
缶ビール主流のいまや、ほとんど業務用ですね。

 

その赤星が、7月12日(火)から缶入りで数量限定発売されんですって。w(*゚o゚*)w

2016_bg_01
(赤星のサイトより:http://www.sapporobeer.jp/lager/

 

2016_bg_01 - コピー  lager_ura
缶のデザインは、片面は瓶ビールのラベルと同じもの。
裏面は1877年の発売当初のラベルで、1876年創業以来の歴史に触れる文言が記載されているそうです。

実は缶入り赤星は、2014年12月23日から全国の主要コンビニで販売されました。
そのときのことは、遅ればせながら記事にしました。
 →サッポロビールの赤星がコンビニで買えるなんて!:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2015-01-19

そのときの缶入り赤星はこれ。

P1070066

前回と今回との違いはいくつかあります。

缶のデザインは基本的に同じですけど【日本で最も歴史のあるビールブランド】という赤い帯がない。
(これって、無い方がいいと思います。)

前回の【コンビニ限定販売】が外れて、スーパーや酒屋でも買える
これはうれしいですよ。ヽ(^◇^*)/

前回は缶に【数量限定】と書いてあったけど、今回はそれがない。
今回も数量限定ということだけど、かなり多く販売されるんじゃないでしょうか?
これまたうれしいことです。(^∇^)

というわけで、7月12日が待ち遠しい・・・。

P.S.
サッポロビール主催の赤星を楽しむ会があって、それに参加するはずが、体調不良で断念したんです。
そんなところへサッポロビールから赤星缶バージョン販売のメールが来たもんで、記事にしました。
赤星飲むぞー!


 
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

石垣島ラー油をいただいた、それがムチャうま! [うまい食品]

新年のご挨拶を別にして、今年最初の記事ですので、おめでたい話題をご紹介します。

弊ブログにときどき登場いただく巨漢のHさんのことなんです。
彼はずーっと独身だったのに・・・

普通はみんな独身から始まるんですけど、それが長かったんです。
とんちゃんも、ずーっと独身だったから、独身歴では引けはとらないんですが。
それは置いておいて・・・

Hさんが、いつのまにか結婚したんです。
へぇ、どんな女性と結婚したのかな?って思ったら・・・
な、な、なんと!
我が社のアイドル、K女と結婚したんだって!(*゚Д゚*)ェ…

K女にも弊ブログで何度も登場いただきました。
彼女は、性格が良い上に美人という、なんともとっても素敵な女性なのです。
とんちゃんがもっと若くて、独身だったら、絶対にプロポーズしたい候補ナンバーワンの女性。

その彼女を、とんちゃんの知らぬ間に、こともあろうにあの巨漢のH(呼び捨てだ!)が・・・。(涙)
とはいえ、H君はとんちゃんに次ぐいい男だし、とんちゃんは既婚だし、しかたないかぁ・・・
なんて寂しい喜ばしいことが昨年、あったんです。

そのアツアツの2人が、新婚旅行に旅立った。
そして帰ってきたHさんが、とんちゃんにお土産をくれたんですよ。
お土産って、いつもらってもうれしいですよね。
気が回るK女が、きっと買ってくれたんだろうな、って思うと一層嬉しくなります。(*´▽`*)

いただいたものは、意外に小さいもの。

P1110376
◆石垣島ラー油

石垣島のラー油。
ぉぉぉおお、聞いたことがあるぞ。

「食べるラー油」の元祖と言われる「石垣島ラー油」、通称「石ラー」。
生産量が少なく、販売店が限られているので入手が困難なことから「幻のラー油」と呼ばれたラー油。
今ではHPやアマゾンからも購入できます。

続きを読む


 
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うますぎの唐辛子香辛料「かんずり」 [うまい食品]

新潟県のお土産の第2弾。
昨日は長岡市の元祖柿の種を紹介しました。

今日はもう1つ別のお土産品。
こっちはカミサンから買ってきてね、とお願いされたもの。

新潟駅の土産物売り場で探してみました。

P1100899
新潟名物の「へぎそば」
そしてお隣にはソウルフードの「イタリアン」が売られています。

このイタリアンをお土産に・・・じゃないんです。
カミサンが所望したものはこっち。

P1100898
「かんずり」です。

「セ○ズリ」じゃありません。「かんずり」です。
ご存じですか、「かんずり」のこと。

今回はこの「かんずり」が主役です。

続きを読む


 
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旨い酔仙・飲んで支援、頑固なポテチー・旨くてびっくり 民宿吉田@陸前高田市 [うまい食品]

岩手県陸前高田市に泊まったときのこと。

P1060516
「民宿吉田」さんに泊まりました。

1983年創業の民宿で、ご主人が漁で獲った新鮮な魚介類を使った料理が自慢の宿でした。
しかし海に近い高田松原のそばにあったため、東日本大震災の津波で宿は全壊してしまった。
2013年4月に、以前の場所から約300m内陸で、海抜約16mのこの高台に移転再開されたそうです。

昨日の記事に海の幸中心の夕食を紹介しました。
部屋に戻って就寝・・・のわきゃなくて、部屋飲みです!

ここに来る途中で買ったお酒はこれ。

P1060497 
地元陸前高田市のお酒「酔仙」オール岩手純米酒

P1060498
◆オール岩手純米酒Rise Up, KESEN
奇跡の一本松を抱えて「Rise Up, KESEN」と書かれています。
「KESEN」(気仙)は、陸前高田市や大船渡市があるこの地域の名称です。

陸前高田市にある酔仙酒造は、海岸から2キロの位置にありました。
東日本大震災の津波は、その位置まで押し寄せ、木造4階建ての倉庫を含む全ての建物が水没し、壊滅・流失。
7名の従業員と製造設備・在庫の全て失うという甚大な被害を受けました。

しかし奥州市旧前沢村にある岩手銘醸が蔵を貸して、醸造を開始。
2012年6月に出荷されたのが、この「Rise Up, KESEN」です。

2012年8月から大船渡市の新工場で日本酒の仕込みを再開しました。
本拠地の陸前高田市ではなく大船渡市に工場を作ったのは、陸前高田市の復興計画策定の遅れのせいでしょうか。

P1060499
この酒は水、米、酵母菌、麹菌など「原料全て岩手産」にこだわった純米酒。
酵母は「ゆうこの想い」、麹菌は「黎明平泉」を使用しています。

P1060500
湯飲みでいただく日本酒。
柔らかい味のお酒です。

P1060501
つまみがコレ。
湖池屋の「頑固あげ」。しかも「どん兵衛の鴨だし味」。
「日清のどん兵衛 鴨だしそば」
とのコラボ商品。

P1060502
コイケヤは1958年にポテトチップスを販売開始しているそうですけど、当時は手揚げだったそうです。
その手揚げのポテトに近い味を再現しているのが「頑固あげポテト」。
パリッとした食感のポテトで、これはなかなかいい。
で魚介の和風風味で、なるほど鴨南蛮風です。

ポテトチップと日本酒?って思ったけど、意外に悪くないです。
この頑固ポテチー、好きです。


 
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理