SSブログ
 

限定販売、新鮮な高麗人参を使った参鶏湯が高コスパ 多国割烹 月卯@茨城県牛久市 [  牛久市]

P1070846

 

牛久市役所近くにオープンした本格韓国料理店料理が美味しくてリピート

P1070671
看板は閉店した「広寿し」さんのまま。

P1070676
「韓国料理」の幟が立っています。

P1070674
「多国割烹 月卯」(つきうさぎ)さん。⇒Instagram:@kappo.tsukiusagi

韓国料理と日本料理の料理研究家の女性オーナーシェフのお店です。
10月4日にオープン。当初はテイクアウトのみで、現在はランチも始まりました。

ランチの様子
1.韓国料理30品の贅沢ランチコース3800円。HOT PEPPERから予約可能。
2.10月13日から定食がスタート。


ここで、とっても美味しくてコスパの高い参鶏湯をテイクアウト!
※限定メニュなのですが、記事の最後にあるように今日10月14日にもありますよ

お店のインスタに、生の高麗人参を入手出来たから「参鶏湯フェア」をやるぞ!とい記事が10月8日にアップ。大いに期待しました。

 

そして10月11日に「月卯特製参鶏湯」販売のインスタ記事がアップ。

 

すぐにお店に向かい、テイクアウトしました!

P1070845
◆参鶏湯
1人前650円。

参鶏湯は、丸鶏の中に高麗人参、もち米、ナツメ、ニンニク、ショウガなどを詰めて、じっくりと煮込んだスタミナ料理。
半日間もかけてじっくり煮込んだ、手間のかかる料理です。
高麗人参は生の高麗人参を使います。新鮮な高麗人参が手に入るかどうか重要なんですって。

かつての日本で、「人参」とは高麗人参のことを指していました。現在の「ニンジン」(carrot)は、江戸時代に中国から伝わり、「セリニンジン」と呼ばれていました。
しかし次第に「セリニンジン」が「ニンジン」として一般化し、かつての「人参」は「朝鮮人参」と呼ばれるようになりました。第二次大戦後、韓国が嫌う「朝鮮」の語を避けて「高麗人参」と呼ばれています。
中国では今も高麗人参が「人参」で、ニンジンは「胡蘿蔔」とか「紅蘿蔔」(簡体字ではで胡萝卜/红萝卜)と呼ばれます。「蘿蔔」(萝卜)は大根のこと、「胡」は外来を意味します。


P1070846
蓋を開けると鶏肉の甘い香り薬膳っぽい香りがします。

塩味のスープがとても美味しい。
トロミのあるスープです。溶けたもち米と鶏肉のコラーゲンのせいでしょうか。
そして高麗人参などの優しい薬膳の味。いかにも体によさそう。

がたっぷりあって、鶏肉は食べやすいようにほぐしてあります。

P1070850
ほぐした鶏肉がいっぱい入ってる。

P1070865
鶏肉は半日間も煮てあるから、とっても柔らかい。

P1070848
ナツメ
甘い木の実で、これ好きなの!とカミサンが食べました。

P1070855
高麗人参
生の高麗人参だから、独特の香りが柔らかい。苦味が少しあります。
カミサンが「ニガっ!」と言うから、高麗人参だよと教えると、安心して食べていました。

鶏肉も高麗人参もたっぷりで美味しい参鶏湯
これが650円とはコスパが高い
でも今回限りのメニュー。
きっとまた出会えることと思います。

追記:
な、なんと、今日10月14日にも参鶏湯のテイクアウトがありますよ!

 

ごちそうさまでした。

食べログ: 多国割烹 月卯

関連ランキング:韓国料理 | 牛久駅


 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。