SSブログ
 
 地方文化 ブログトップ

五島のバラモン凧について:似ている壱岐・鬼凧、平戸・鬼洋蝶、長崎バラモン凧なども [ 地方文化]

五島に伝わる「ばらもん凧」があまりに面白い。
なのでやや詳しく記事にしてみました。

P1460212
牛久市にオープンした五島うどん専門店「バラモン太」さんにあるバラモン凧です。

五島列島の福江島で今でも作られている「ばらもん凧」
が咥えているのはで、鬼の口の外に出ているのは兜の錣(しころ) です。
その下にベロのようなものがあって龍が描かれ、金魚のヒレみたいな手もあります。

凧の形は、普通は四角やひし形、奴凧です。
しかし、ばらもん凧は、かなり変わった形で、絵柄も独特です。
そして「ばらもん」とは、これまた奇妙な名前の凧です。

なぜこんな形と絵柄なのか、「ばらもん」とはどういう意味なのか。
実はよく分っていない、不思議な凧なのです。

その謎について、ネットでわかる範囲の情報をまとめ、考えてみました。

続きを読む


 
タグ:雑記 文化
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

碁盤の目状の道路に逆らう「斜め通り」の怪:ゆりや食堂があるところ [ 地方文化]

本日2つ目の記事です。

札幌市の中心部は碁盤の目状に、規則正しく道路があることで有名です。
ところが所々、それが崩れているところがあります。

前の記事で紹介した「ゆりや食堂」がある中央区南1条西19丁目が、その1つ。
どうしたことか、斜めの通りがあるのです。
そのことをずぅーっと昔から不思議に思っていました。
長年、調べもせずにいたのですが、今回、はじめてググってみました。

斜め通りが、なぜあるのか?

map
黄色の通りが東西に走る南1条通りです。
ところが西20丁目通りでプツンと切れていて、東西が繋がっていません。
そして西18丁目と西19丁目に赤色の斜め通りが、両者を繋ぐようにあります。

ちなみに、「キッチン鑓水商店」の南側が旧「ゆりや食堂」があったところ。
そして「ドレイジャータワー」とあるところが新「ゆりや食堂」があるところです。

南一条通に不連続がある。そして斜め通りがある。
なぜなのか?初めてその理由を知りました。

かつて、西20丁目通の東は札幌区、西は円山村でした。
そして両者をつなぐ道路が現在の南1条通りでした。

札幌区では碁盤の目状の道路を設置します。
しかし円山村はそれとは別に道路を設置しました。

その後、しだいに道路が整備されていきます。
札幌区と円山村が、それぞれ両方から直線道路を作っていったら・・・
道路がズレていた!

それで斜め通りで接続したわけ。
だからかつての南1条通りは、斜め通りの方だったのです。

ところが1923年、南一条通りを走る市電の路線が東から西へと延長される。
線路は、細い斜め通りを通らずに、西へ直進し、西20丁目通で右に直角に折れました。
それに合わせて南1条通りを直線にした。
そのおかげで南一条通りが西20丁目で不連続になってしまった。

このとき斜め通りを残すかどうかで事件が起きたようですが、結局、斜め通りが存続した。
それで不思議な斜め通りが今も残っているそうです。

ちなみに西20丁目通から西の南1条通は、北海道神宮の「裏参道」と呼ばれ、オシャレなお店が集まっていて、札幌観光スポットの1つです。

参考⇒19丁目市場、今も往時のよう
  ⇒南1西19になぜ忽然と斜め通りが現れるのか


 
タグ:雑記
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「千亀女」という名の芋焼酎と鹿児島県志布志の美女 [ 地方文化]

 

昨日の記事に「千亀女」という芋焼酎が登場しました。
鹿児島県志布志市にある焼酎メーカー・若潮酒造の焼酎です。

 

その「千亀女」という変わった名について調べると、面白いことがわかりました。 

 

千亀女とは

 

ググってみると・・・

志布志の民話に出てくる美女の名に因んでいる、ということがすぐにわかります。

 

その「千亀女」の民話は、どんな話かというと・・・。

志布志市の観光パンフレットには、こう紹介されています。
 ⇒志布志市観光パンフレット:http://www.city.shibushi.lg.jp/kankoumap/50d29b3b015.html

senkame

 

宝満寺の観音様の美しさを妬んだせいで、悲しい末路の悲劇です。

 

焼酎名がこの民話の女性に関係することは確かでしょう。

でも、本当にこの話に因んで命名したのかどうか・・・かなり疑問です。

この後味の悪い民話に因んで命名した意図が分かりません。

 

そこで、若潮酒造が芋焼酎のブランドを「千亀女」にした理由を改めて考えてみました。
もっと別の由来があるようです。

そして実は、美女の千亀女にも別の解釈ができるのです・・・

 

続きを読む


 
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「月出里」がなぜ「すだち」なの?その由来をさぐる [ 地方文化]

茨城県稲敷市(旧江戸崎町)に「月出里」というところがあります。

この地名は、なんと読むでしょうか?
つきでのさと」?
ブッブー!

実はこれ、全国難解地名の1つ。

なんと「すだち」と読むんですって。

なんでー!w( ̄▽ ̄;)w
・・・と叫びたくなる地名です。

今日の記事は、この「なんで?」を追求したものです。
月出里(すだち)の由来はなんだろう?

しかしなぜ突然にこの地名を取り上げたか?

昨日の記事をご覧になった方はもうお分かりですよね。
食堂の店名が、この地名を使った「月出里(すだち)」さんだったんです。
それで、なんで「月出里」が「すだち」なのか?を調べてみた、というわけ。

 

「月出(すだち)」と「巣立ち」の語呂合わせ

月の出る夜に渡り鳥が一斉に飛び立つから、なんて説明がネットにいっぱいあります。
なかなかロマンチックな由来です。
でもこれは、「月出」と「巣立ち」とを語呂合わせしようとした、後付けの理屈でしょう。
真実は、そんな後知恵の語呂合わせにはありません。

続きを読む


 
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「五所川原」の地名の由来について・・・長い考察 [ 地方文化]

青森県五所川原市に行ったのですが、ふと、なぜここを「五所川原」と呼ぶのか?と疑問になりました。
そこで五所川原のことをググり始めたら、ロマンあふれる伝説から始まりました。

ところがそれをたどると、次々といろんなことが出てきました。
しかも話は弘前に飛んで行きます。
ややこしくなりますが、それを整理してみたのが今日の記事です。
・・・でもやはりややこしい。

◆「五所川原」のルーツ

2005年、平成の大合併で旧五所川原市と北津軽郡の金木町、市浦村が合併して誕生したのが新五所川原市
もとをたどると・・・
1954年に五所川原町と6村が合併して旧五所川原市に。
1889年に町村制施行で五所川原村が誕生、その後、1988年に五所川原町に。
1876年に江戸時代の五所川原村、喰川(しょくかわ)村、平井村、柏原村の4カ村が合併して五所川原村に。

ということで、現在の元町にあった五所川原村が名称のルーツです。
五所川原という名称は、江戸時代の五所川原村から、ずっと受け継がれた名称なんです。
かなり由緒正しい名称のようです。

 

◆「五所川原」の由来

ではその五所川原という名称は何に由来するのか

岩木川が屈曲して川原が五カ所あったため、五所川原と呼ばれるようになった、という説があります。
いかにも後付けの理由という感じです。

むしろ五所川原市元町にある五所川原八幡宮の伝説が面白い。
八幡宮の社殿前には「五所川原地名発祥之源地」と書かれた石碑が建っているそうです。

五所川原市発行の『五所川原の地名』の第2章に詳しく書いてありました。
 →五所川原市『五所川原の地名』:http://www.goshogawara-lib.com/chimei.html

江戸時代初めの頃、岩木川の大洪水によって、中津軽郡相馬村五所(現弘前市)の長慶(ちょうけい)天皇のご神体と伝えられる祠(ほこら)が流され、五所川原に漂着した。
それを新宮の某氏が拾って自村に持ち帰り、新たに祠を作り祭った。
それを聞いた相馬村の人達が新宮を訪れ、ご神体を持ち帰った。
ところが、翌年も、また翌々年も、再三にわたって大洪水で流され、同じ場所に漂着した。
相馬村の人たちは、これは天意であろうと諦あきらめ、その村に譲ゆずることにした。
ところが今度はそれを聞いた五所川原の人たちが「漂着したのは五所川原だ」と騒ぎだした。
そこで両村で話し合って、両村の氏神とすることに決まり、漂着した五所川原に鎮守八幡宮として宮を建立することになった。
そして最初に祀った地を新宮(しんみや)と名付け、漂着した場所は五所川原と呼ばれるようになった。
すなわち、長慶天皇ゆかりのご神体が漂着した川原ということで、御所の川原、五所川原といわれるようになったということでしょう。非常にロマンあふれる伝説です。


中津軽郡相馬村五所(現弘前市)の長慶(ちょうけい)天皇のご神体と伝えられる祠(ほこら)が流され、五所川原に漂着したというのが由来です。
それを氏神として五所川原に鎮守八幡宮が建立され、新宮という地名も誕生したというのです。
実にロマン的な由来です。

しかしホントの歴史はどうなっているんでしょう・・・
ここから五所川原の由来に関する旅が始まりました。

続きを読む


 
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
 地方文化 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。