So-net無料ブログ作成

山形料理と仙台料理の居酒屋 焔蔵@仙台市 [全国飲みある記]

仙台での夜のこと。

一番町のダイエー近くにあるお店に行きました。
【山形名物】を売りにしているお店だそうです。

「焔蔵」さん。
山形そばと炭火炙り焼きをウリにしているお店のようです。

お店は地下にあります。

乾杯の生ビールはサントリーモルツ。

お通しは3種盛り。
ワラビ、鰯の煮物、ポテサラで、なかなかに凝ったお通しです。

【鮮魚】と【炭炙り】。

一品料理がいろいろ。

枝豆の炙り焼き。
山形名産だだ茶豆を湯がいてから炙ってあるので、香ばしい。

牛皿。
牛肉を濃いめの味で煮たもの。
酒にもいいけど、ご飯に載せてたべたい感じ。

何を挟んで揚げてあったかな・・・。

チーズのだし巻き。
中にチーズが巻き込まれているので、トロトロの玉子焼きです。

ワカサギのてんぷら。
これはもう、想像どおり。

定義山三角なっとうはさみ焼き。

「三角」というのは、三角形の厚揚げ。
それに納豆を挟んで焼いたもの。
カツ節をかけて醤油を垂らせば、香ばしさと納豆の香りでうまいに決まっている!

秘伝の手羽先唐揚げ。

牛舌ステーキ吟醸麹漬け。
普通の牛タン焼きよりも大きくて厚い。

厚切りの牛タンに賽の目上に切り込みを入れて歯触りをよくしている。
議場酒の麹で漬け込んでいるせいでしょう、味が濃厚。
肉が柔らかいのも、きっと麹のせいと思います。
とんちゃんは、牛タンも好きだけど、添えられている青唐辛子の味噌漬けが大好きなんです。

山形のお漬物。
左下は山形めいさんの「だし」。
夏野菜と香味野菜を細かくきざんで醤油で和えたもの。
ご飯にかけたり薬味にして食べたりするんです。

〆にはやはり「そば」でしょうね。
山形名産の「板そば」。
それとこの店のイチオシ「冷たい肉そば」も勧められたので、両方オーダー。

板そば。
板ではなくて笊に盛られている。

腰の強い田舎そばで、これはうまい。
鰹出汁の利いた濃口の汁もいいです。

さらに、冷たい肉そば。
冷たい汁の中に田舎そば、そこに鶏肉、白髪ネギがトッピングされている。

このそばも同じくうまい。
しかしお店のイチオシはスープなのだそうだ。
若鶏ではなくて親鳥を使ってつくったスープは、鶏の脂肪が溶け出しているけれども、脂が固まらずに油っぽくないのだとか。

たしかに濃厚なスープだけれども、脂っぽくない。
実に濃厚だけれどもスッキリしたスープです。

デザートに「だだちゃ豆アイス」を勧められたのでオーダー。

だだ茶豆アイス。
山形名物だだ茶豆を練り込んだアイス。

だだ茶豆の風味がする、ってだけじゃなくって、豆のザッとした食感も味わえるようになっているところが、特別製なんだそうです。

山形出身の建築家がオーナーという居酒屋としてはちょっと変わったお店でした。
料理はどれも素材が良いし、調理もいい。
それを高すぎない料金でいただけるお店です。

ごちそうさまでした。






関連ランキング:そば(蕎麦) | 広瀬通駅あおば通駅勾当台公園駅


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0