SSブログ
 

「森永あずきキャラメル」発見! [雑記]

とんちゃんのご幼少のころ、キャラメルというと「森永ミルクキャラメル」、チョコレートというと明治でした。
でも道産子(札幌)のとんちゃんには、フルヤのウィンターキャラメルというのも懐かしい。
ウィンターキャラメルは、古谷製菓の倒産でなくなったんですけど、2010年に復活しました。
以上は前振り。

先日、個人営業の地元の書店に行ったら、レジで駄菓子を売っていました。
こんなところでも駄菓子を売っているのね。なんて微笑ましくお菓子を眺めたら・・・

おや?!w(*゚o゚*)w

見たことのあるパッケージに良く似たお菓子を発見。
森永キャラメル」によく似ているんだけど、箱の色が黄色じゃなくって茜(あかね)色なんです。
それで、おや?!なんです。

パッケージの文字をよく見ると「森永あずきキャラメル」って書いてあるじゃないですか。
ちょいと珍しいんで、買ってみました。

P10209432

◆森永あずきキャラメル
ミルクキャラメルと同じデザインです。
上には【登録商標】のエンゼルマーク、両脇には「滋養豊富」「風味絶佳」の筆文字。
ミルクキャラメルの「ミルク」が「あずき」になって、全体がまさに小豆色になっている。

P10209472

「あずき」のとこだけ、ひらがなになってるのね。

P10209462

英語名もしっかり「AZUKI」です。

フィルムに【森永ミルクキャラメル 100周年 Since 1913】って書いてあります。

P10209442

箱の頭の方にもしっかり書いてある。

森永は1899年(明治32年)創業で、創業と同時にキャラメルを製造販売していました。
そして1913年(大正2年)6月10日から「ミルクキャラメル」という商品名に変更したんだそうです。
それでミルクキャラメル100周年なんですね。

この「あずきキャラメル」が100周年記念で発売されたのかな?

森永のHPで確認したら、販売開始は、大箱が2013年3月上旬、12個入りが2014年6月上旬となっている。
「大箱」ってのは、キャラメル1粒の大きさが、通常のキャラメルの約2倍なんだそうです。
100周年記念みたいにも思えますが・・・

Amazon.coで見たら、アマゾンでの取り扱い開始日は、大箱(149g)×5箱が2010年4月26日、通常の12粒×10箱(653g)が2011年10月12日ですって。
店頭販売よりも以前に通販で販売されていたようで、100周年記念ってわけじゃないみたい。

別に100周年にこだわる必要は全くないわけで。
ともあれ、キャラメルを食べてみましょう。

P10209482

中箱の中には、キャラメルが12個
1ダースという、最近ではすっかり使われなくなった単位が、ここではしっかり生きています。(*^^*)

P10209502

立方体に近い形のキャラメル。

P10209522

色は小豆色というよりもピンクっぽく、表面がツルンとしています。

キャラメルの表面には碁盤の目状に細い溝がついている、と思っていましたけど、これにはありません。
あの溝は、砂糖などの価格変動に対応して、深さを調整してキャラメルの重量を変化させるもの。
と思っていましたけど、どうもそうではなくて、機械にくっつかないようにするためみたいです。
って、ことは小豆キャラメルはくっつきにくいのかな?・・・わかりません。

キャラメルの粒が立方体に近い、って書きましたけど、それ、高さを変えずに縦横のサイズを小さくしたためじゃないでしょうか。溝じゃなくって、キャラメル1粒の大きさを変えたのでは?

キャラメルの粒を眺めながら、そんなことを考えていたんですが・・・
無用な長考はやめて、キャラメルをいただきましょうよね。

んむ!

・・・意外に甘さ控えめ。
おっ!小豆の香りが鼻を抜けるじゃないか!o(>▽<)o
アッサリ、スッキリした感じの味わいです。
滑らかなキャラメルの中に、サラッとした微細な小豆の食感がある。
こりゃ、確かに「あずき」だ!ヽ(^◇^*)/

これは意外にクセになる風味です。

P10209452

外箱の裏に【十勝産あずきのあんを使うことで、風味豊かな味わいに仕上がりました。】と書いてあります。
確かにあずきの餡の風味を味わうことができます。

原材料名を見ると「さらしあん」があって、これが【十勝産あずき100%】ということのようです。
そしてミルクキャラメルと同じく【国産ミルク100%使用】ってことらしい。

しかしその「さらしあん」の順位はかなり下で、使っている分量は多くない。
あずきの香りは「香料」で出し、「さらしあん」は餡の食感を出すために使われているんでしょう。
ともあれ、なかなかいい出来ですよ。

P10209492

キャラメルの中箱の底の部分には「森永ミルクキャラメルの歴史」が印刷されている。
単なる宣伝っていう感じだけど・・・。

 

 


 
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 2

hypo

キャラメル懐かしいですね~、たまには食べてみようかな…。
by hypo (2014-07-23 05:23) 

とんちゃん

> hypoさん
キャラメルそのものが、懐かしい部類のお菓子ですね。
キャンディーとは違った、マッタリした甘さがいいですよ。
by とんちゃん (2014-07-24 05:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0