So-net無料ブログ作成

鯨と海茸は佐賀の郷土食 久坊@佐賀市 [全国飲みある記]

佐賀市に行ったときのこと。
歓楽街とは全然別のところにあるお店に2人で向かいました。
佐賀駅の南側を線路伝いに西へ行き、堀江通り渡った先にあるお店。

「久坊」さん。{ひさぼう」と読むようです。
入口が右手前と左奥とに2つあって、どっちに入るのか迷ってしまいます。

右は団体用と思い左奥へ。
実は、どっちでもいいそうなんです。(*^▽^*)

ここは佐賀の郷土料理がいただけるらしい(?)というのでやってきました。

「久坊」の暖簾をくぐって店内へ。

まずは生ビールをいただきました。

お通しに枝豆。
ビールには枝豆、これは世界に誇れる料理と思います。

里芋の煮物も出てきた。

おや!貝まで!w(*゚o゚*)w
ここまで、ぜーんぶお通しなんですよ。

バイ貝を煮たもの。
長い楊枝で、身を取り出す・・・切れないように・・・

ポロリと旨く取り出せました!
うまく取り出せると嬉しくなっちゃう。

さぁて、なにを食べようか・・・。
おっ、エツの唐揚げ!・・でも線を引いて消してある。
佐賀牛ステーキ!200g、2,500円・・・高いよなぁ。

悩んでいるとご主人が「刺し身を盛り合わせましょうか」と聞いてくれる。
じゃ、適当に2人前、とお願い。

刺し盛り。
2人前で出てきたのがこれ。
じぇじぇ!クジラだ!
クジラとは予想外の展開です。

クジラのウネ(畝)。
ウネス(畝須)とも言います。
ウネは、クジラのアゴからヘソ(クジラはほ乳類だからヘソがあるんですよ!)くらいまでのお腹の部分。
そこに長い筋が何本も通っていて、それが畑の畝(ウネ)に似ているところからそう呼ばれています。
クジラが餌を海水と一緒にガバーっと飲み込むとき、お腹を大きく膨らませるための蛇腹の役割をしているんです。そこの白身(脂身)の部分です。

脂身がサックリして、噛むとジワーっと味が出てくる。

赤い縁取りのクジラのベーコン。
ウネを塩漬けしてボイル・着色させたもの。
実に懐かしい・・・。

動向のHさんは、クジラ初体験だそうです。

カジキですね。

ヒラメ、そしてイカ、サーモンも載っていました。

刺身と来れば日本酒ですよね。
地酒を冷やで飲みたいとすると、うちではこれがありますと持ってきた日本酒。

小城市小城町にある天山酒蔵の「蛍酔(ほたるよい)純米吟醸生原酒」。

佐賀県産の山田錦を55%まで磨き天山山系の伏流水で仕込みんだ酒だそうです。
バランスが良いフレッシュなお酒です。

グラスに「The SAGA」のロゴ。
佐賀県は2004年に、佐賀県産原料を100%使用した優れた製品を認定する「佐賀県原産地呼称管理制度」を始め、それに認定された銘柄にこのマークが貼られるんだそうです。
「蛍酔」もこの認定を受けています。

何か珍しいものはないかとメニューを眺めると・・・
口底は舌平目ですね。
「海茸一夜干し」という聞き慣れない料理を発見。

「ウミタケって何ですか?」
「貝です。貝殻から足が長くはみ出している・・。」
あっ!あれだ!

「ちょっとクセがありますけど、召し上がってみますか?」
「はい!」

海茸一夜干し。
有明海の珍味です。

見た目はイカの一夜干しみたい。
醤油マヨネーズに唐辛子を入れたものをつける・・・スルメと同じ食べ方だ。

食感は柔らかいスルメみたいで、確かにちょっと独特の香りがする。

このウミタケ、いったいどういうものなのか。
水管が貝殻からニョローっとはみ出している貝です。

一夜干しはこんな感じ。
http://www.kirishima.co.jp/aji/2011/summer/17/

普通の干物はこんな感じ。
http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

そして生はこれ!グロテスクです。
http://zukan-bouz.com/detail.php?id=991

ミルガイ(ミルクイ)の代用品のナミガイ(白ミル)に似ています。
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/oonogai/namigai.html

もみじおろしを入れたポン酢でもいいです。

小イワシ唐揚げ。

小イワシと言ってもそんない小さくはない。
骨まで柔らかい唐揚げでした。

2人で日本酒をクピリンコ、クピリンコと飲んでいると、ご主人がいろいろとつまみを出してくれます。

ラッキョウと梅干し。
この他にも料理をもらったんですけど、写真に撮らなかった。

佐賀の珍味が味わえるお店でした。

ごちそうさまでした。

食べログ: 久坊
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 佐賀駅


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0