So-net無料ブログ作成

バホそばドン丼とは、いかなる食いものぞ そば処 三徳@札幌市琴似 [ 愛しき食堂]

P1170486 

札幌に帰省中のこと。
地下鉄東西線琴似駅近くにある食堂へ行きました。

P1170505
【石臼ひき】を掲げる「そば処三徳」さん。
本来はお蕎麦屋さんですね。

P1170507
【きそば】の暖簾を下げる、お蕎麦屋さんです。

P1170508
でも雪に埋もれた行燈には、「石臼ひききそば」に並んで「とんこつラーメン」の文字。
どっちも雪の中に一部が隠れていますけど、きっとそう書いてあるに違いない。

P1170506
ガラス越しに見えるメニューは、そばのほかに、定食類がいろいろ。

P1170504
天丼天ラーメン
天ラーメン」は、きっと、天ぷらが載ったラーメンですよね。

そして「バホソバドン丼」。
赤塚不二夫原作の「バカボン丼」でもなければ、宮本武蔵をテーマにした「バガボンド丼」でもありません。
(そんな丼があったら食べてみたいけど、きっとない!) 
意味不明の料理名、まったく得体のしれない、この丼を今日は食べに来たのです。

小さく「どさんこワイド」と書いてあります。
北海道のローカル局STVが放送する「どさんこワイド」という番組に登場したドンブリのようです。
このことはお店のこととともに最後に書きます。


P1170485
空いている一番奥の席に座りました。
やや若い店員さんが、テーブルは相席になりますけどよろしいですか?と確認します。
はい、いいですよ。
こういう店では相席は当然ですね。
でも昼時を外れていたので、相席になるほどお客さんは入って来ず、テーブルをずっと1人占めしました。

P1170483
メニューは、冷たいそば、温かいそば、そしてラーメン。
もり、かけは470円という料金。
ラーメンは札幌らしく、正油、みそ、塩の3種類があります。
「天ラーメン」もしっかりあります。
ちからラーメン、トリメンなんてのもある。

P1170484
壁には、カレーラーメンもあります。

P1170482
丼もの、カレー、定食があります。
丼ものは、玉子丼540円、タヌキ丼570円、親子丼と他人丼が680円、かつ丼700円。
そして、ありました!(⌒▽⌒;)
バホそばドン丼700円。
天丼とカツ丼の間に、ちゃーんとありました。

では、そのバカボン丼じゃない、バホそばドン丼をオーダーしました。
調理は、厨房にいるご主人がなさっているようです。
7分くらいして料理が到着。

P1170486
◆バホそばドン丼
味噌汁と漬物がついた丼です。

P1170488
味噌汁を一口。
フワフワしたお揚げと水菜が入った味噌汁です。

P1170489
バホそばドン丼のドンブリは木製で、かなり大きい。

P1170490
パッと見、刻み海苔ののった普通のカツ丼ですよ。
しかしよく見ると、カツ丼の脇からチラッと見える赤いもの・・・

こいつは、エビの尻尾じゃないですか!
カツ丼に海老天が入っているのでしょうか?

P1170492
カツ丼の中に包み込まれた海老を取り出すと・・・裸のエビ!
衣に包まれた海老天じゃなく、海老そのものが入っていました。

さて、かつ丼をいただきましょう。

P1170499

そこそこの厚さのあるトンカツです。 

トンカツを食べた、そのあとのこと。
大変なことを発見します! 

カツの下から現れたものを見ると・・・

P1170494
な、なんと・・・蕎麦!”(*゚Д゚*)ェ…

「バホそばドン丼」とは、ご飯ではなく、蕎麦の上にカツ丼の具が載った丼なのか? 
そ、そんな、バカな!

P1170493
いや、さすがにそうではないらしい。
なんと、ご飯とカツ丼の具の間に蕎麦があるんです。

P1170495
カツ丼の具の下に、まさに潜んでいる日本蕎麦。
それは、カツ丼の具の汁を吸いこみ、柔らかい焼きそばのようになった日本蕎麦。
初めて食べる味だけど、それなりに旨い。

P1170498
そして、その蕎麦の下には白飯がしっかり入っている。

P1170496
あのデカい丼に、ご飯がしっかり入っている。
このご飯の量は、普通の1.5倍あるということです。
要するに大盛飯の丼に、さらに蕎麦まで載っているということなのです。

炭水化物が多いー!(◎_◎;)

P1170500
しかし濃い目のタレがかかった飯が旨いです。
食べ進むうちの、この丼の飯量が見えてきました。

P1170502
こんなに飯がある!
さらに日本蕎麦があって、カツとじが載っている。
見るからにボリュームのあるドンブリです。

しかし、やや濃い目のタレが食欲をそそり、タレの浸み込んだ飯が次の一口を誘います。

P1170487
自家製の白菜漬けも箸休めに美味しい。

かなりのボリュームの丼ですが、意外にもすんなりと食べられてしまいます。
ここのカツ丼や親子丼、天丼もきっと旨いんだろうなぁって思います。

どうもごちそうさまでした。


最後に、このお店と「バホそばドン丼」のこと。

ここ「三徳」さんは、昭和2年(1927年)創業の老舗の蕎麦屋さんで、現在の店主さんは3代目だそうです。
そしてやや若い店員さんはきっと4代目ですね。

今回いただいた「バホそばドン丼」について取材した記事がありました。
 ⇒月刊サイゾー「カツ丼で天丼で日本そば? 北の大地の知られざる名物『バホそばドン丼?』ってナンだ!?」 :http://www.cyzo.com/2016/06/post_28654.html
 ⇒めし通「「バホそばドン丼」ってなんですか? 老舗のおそば屋「三徳」で見つけた不思議メニュー!」 
   :https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/hadakadenkyu/16-00057

このメニューは、もともとは「まかない」として食べていたものだそうです。 
20年以上前のこと、とあるTV番組の取材で、話題になる料理をつくり、この名前をつけたらしい。 
TV番組の中で「バホバホ隊」というチームが命名したのだそうです。 
テレビ放送後、1日に3つ出る程度のメニューだったけれど、数年前からSNSの影響で人気が爆発したらしい。

以下は推測です。

バホバホ隊」とは・・・
かつてTBSラジオの平日夜に放送した所ジョージさんのラジオ番組「進め!おもしろバホバホ隊」があった。 
しかしこれは、テレビではなくラジオの番組だし、それが北海道まで来るわけがない。
しかもこの番組は1984年から1986年まで放送していたもので、20年以上どころか、30年前の番組です。

冒頭で見たように、店頭にあった「バホそばドン丼」のメニューには「どさんこワイド」とありました。
これは北海道のローカル局STVが放送する番組で、1991年から始まって現在も続いている。
STVは日本テレビ系列だけど、もしかすると所ジョージさんが出て、「バホバホ隊」が取材したのかもしれません。

札幌市中央区南3条西13丁目に「広島風お好み焼 ピックアップ」というお店がかつてあったそうな。
そこには、「バホバホ焼き」という裏メニューがあって、ハンバーグが入った広島風お好み焼きにカレーをかけるという珍妙な料理だったらしい。
これもきっと「バホバホ隊」が命名したメニューなのでしょう。

さて、真相は?

食べログ: そば処 三徳

関連ランキング:そば(蕎麦) | 琴似駅(札幌市営)二十四軒駅琴似駅(JR)


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 2

ちょんまげ侍金四郎

琴似は懐かしいです。
店名は忘れてしまったのですが、十五年前に女房殿とラーメン食べに行きました。
by ちょんまげ侍金四郎 (2017-01-10 07:08) 

とんちゃん

> ちょんまげ侍金四郎さん
琴似は庶民的なお店がいっぱいあって、楽しいところだと思います。
食堂めぐりや居酒屋めぐりをしたい街です。
by とんちゃん (2017-01-11 18:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0