So-net無料ブログ作成

洞爺湖を眺めながら源泉かけ流しの温泉にひたる 北海ホテル@洞爺湖温泉 [温泉・旅館・民宿]

P1210570

 

2年前の今ごろのこと。洞爺湖温泉に泊まりました。
洞爺湖温泉は、洞爺湖畔にあって、洞爺湖町(旧虻田町)と壮瞥町にまたがる温泉街があります。 

 

泊まったところは、温泉街の西の端にある温泉旅館の北海ホテル

hokkaihotel.jpg
(写真はgoogle Mapから。)
ここには源泉かけ流しの温泉がある、というので楽しみにしてやって来ました。 

P1210615
2008年に開催された北海道洞爺湖サミットで、英国代表団がここに泊まったそうです。

P1210614 
駐日英国大使を囲んだ記念写真。

では、浴場へ。

P1210557 
「ゆ」の暖簾が下がった浴場。

P1210567 
でっかくはない大浴場。

P1210573
【この温泉は天然かけ流し温泉です】って表示があります。

小さめの湯船だからかけ流しができるんですよ。
大きなホテルの大きな浴槽では、お湯の量が多いから、かけ流しは無理ですから。

P1210562 
石の湯口。お湯の成分が固まっています。

P1210570
ちょっとエロチックな感じもします。

出ているお湯はチョロチョロと少ない。
お湯は湯船の中から出ているみたいで、この湯口は見せるためだけみたい。

P1210569 
濁っがお湯は黄褐色のお湯がたまっています。
緑色がかっているのはタイルのせいでしょうか?
浴槽の縁からお湯が流れ出しているのが、かけ流しの証拠だね。

ちょっと金っ気臭がするえど、土類系の芳香がします。
舐めてみるとちょっと塩気があります。

アルカリ性じゃない泉質なので、ヌルっとした感じはありません。
でもお湯につかっているとスベスベした感じ。

P1210565 
露天風呂もあります。
こっちは箱型の湯口からお湯は出ていなくて、湯船の中から出ています。

P1210566
露天風呂からの景色。
洞爺湖とその中心に浮かぶ中島がきれいに見えますなぁ~。

P1210558 
脱衣場に張られている「温泉分析書」で泉質を確認。

P1210558 - 2
洞爺湖温泉利用協同組合の共同温泉を利用しています。
源泉はいくつもあります。
泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉(中性低張性高温泉)。
供給される温泉温度は50.3度という高温。
pH6.7の中性。密度は1.0008g/mlで、ほぼ水と同じ低張性。
ナトリウム、カルシウム、塩化物のイオンが多い。

P1210559
温泉供給所での加水・加温について。
135度もある1つの源泉は加水しているって。
平常時は加温していない。

P1210560 
源泉所有者が加温することがあるって。冬には加温もあるんでしょう。

このシートの隅に貼ってある銀色のシール。
これが重要なんです。

P1210560 - 2
ここのお風呂では、1.加水、2.加温、3.循環(ろ過を含む)、4.消毒処理をしていないと、保健所が証明しています。

P1210572 
露天風呂も加熱・加温していないので、冬は温くなっているかもしれません。

P1210571
温泉成分が沈殿しているけど、気にしないでね、って書いてあります。 

P1210574 
洞爺湖温泉の歴史も表示されています。

この温泉は日帰り入浴も15時から21時まで、大人500円、子ども300円でできます。

食べログ: 北海ホテル

関連ランキング:旅館・オーベルジュ(その他) | 洞爺駅


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント