SSブログ

豚の背骨のエキスたっぷりのカムジャタン 金大来@茨城県阿見町 [ 茨城県]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1350094

 

昨日の韓国料理に続いて、今日も韓国料理の記事。
辛い料理がすきなもんで。(^∇^)

場所は、土浦稲敷線の阿見住吉交差点から東に200m、ダイソーやオリーブの丘(以前の華屋与兵衛)があるところ。

P1350103
「金大来(キンタイライ)」さん。

もとは、つくば市天久保で「韓国料理 辛」という店名から「金達菜(キンタツライ)」に。そして2017年9月にここ荒川沖に移転して現在の店名になったようです。

P1350085
ランチセットメニューは、ライス、キムチ、ナムル、果物付き。

トップは「カムジャタンセット」
当店オリジナルの味!油ゼロ、コラーゲンたっぷり。スープが癖になると評価されている、って。
「カムジャタン」がどんな料理が何かは、またのちほど。

その下に、石焼ビビンパ、ヤンニョンチキン、ユッケジャンのセット。

P1350087
単品メニューのカムジャタンには、奥深い名物料理で、仕込みに36時間かけている、と書いてあります。
そのほかのメニューは最後に掲げます。

チゲにしようと思ったんですけど、お店イチオシの「カムジャタン」をオーダーすることに決めました。

P1350092
◆チジミ
サービスです、と出されました。
キムチがあまり入っていなくて、辛くないチジミです。
これをつまみにビールを飲みたいところですが・・・そこはがまんして、本命の料理を待ちましょう。

P1350094
◆カムジャタンセット

P1350096
一人用のチゲ鍋に入ったカムジャタン
肉のようなものがゴロゴロ入っています。

P1350100
そいつらは肉じゃなくって、豚の背骨
豚の背骨をトロトロと36時間も煮込んであるんです。

その豚の背骨についたわずかな肉をしゃぶります。
背骨って、ほとんどが骨なので、過食部分はわずかです。

P1350101
トロトロになった軟骨部分もあります。これは旨い。

P1350102
ジャガイモが少し、そして辛さの素・キムチが入っています。

食べられる具材部分は少ない。
背骨の旨味が溶け出したスープをいただく料理です。

P1350097
美味しいスープと少ない具材で白飯をいただきます。

P1350098
あまり辛くないキムチとモヤシのナムルが付け合わせ。

P1350099
デザートにオレンジが少し。

さてカムジャタンとはいったい何だったのか。
「カムジャタン」を漢字で書くと「甘藷湯」。
サツマイモのスープ?
いえいえ、韓国では「カムジャ」はジャガイモのこと。
なので「カムジャタン」は「ジャガイモスープ」と直訳できちゃいます。
確かにジャガイモが入っていましたけど、その訳は間違い。
正しくは「豚の背骨スープ」です。
それがなんで「カムジャタン」という名になったのかについては、諸説あるようです。

背骨を煮込むという非常に手間のかかる料理。それを廉価でいただけるのがありがたい。
韓国の「タン」=スープの定食は、スープとご飯という組み合わせなので、固形物が少なくて、ちょっともの足りない感があります。足りない場合んは、さらに料理をプラスするものなんでしょうね。

お店についてfacedbookなどでは、中国東北部(旧満州)の郷土料理「延辺料理」の専門店だと自己紹介しています。
北朝鮮と国境を接する地に住む朝鮮族の「延辺朝鮮族自治州」での料理で、羊肉串などが有名らしい。でもメニューにはそんな料理が見当たらない。
機会があったら、その辺のことを確かめてみたいです。

ごちそうさまでした。


 

最後にランチ以外のメニューを掲げます。 

P1350088

P1350089

P1350090

P1350091

P1350086

食べログ: 金大来

関連ランキング:韓国料理 | 荒川沖駅


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント