SSブログ
 

ワンコインのフィリピンランチ:今回は豚肉タレ焼き(トシーノ) マリパンキッチンネット@茨城県龍ケ崎市 [ 茨城県]

この投稿をInstagramで見る

とんちゃん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1350417

 

最近のマイブームは、フィリピン料理のワンコインランチ
馴染みやすい味だし、ワンコインだしね。
土日限定ランチに、今回で5回目です。

お店の場所は、JRの龍ケ崎市駅(元JR佐貫駅)、関東鉄道の佐貫駅の東300mのところ。

P1340419
赤い「500円ランチ」の幟が目印です。

P1340489
お店の和名は「マリパンキッチンネット」さん。
英語は「Maripan’s Kitchenette」(マリパンズ・キチネット)だから、「マリパンの簡易キッチン」という意味です。

12時前にお店に到着。

P1340902
土日のランチ営業は11時半から・・・おっと!12時からだった!
いかん、早くに来すぎてしまった!(⌒▽⌒;)

でもお店の中では何やら騒々しい音がしていますよ。
そーっとドアを開けると・・・
店内では、音楽に合わせてお客さんが歌ったり踊ったりしてるじゃないか!w(*゚o゚*)w
先客が昼酒を楽しんでいるようです。

マスターに、大丈夫ですか?と聞くと「どうぞ!」とのお返事。そりゃそうだよね。
ということで、開店時刻前に入店です。

今回で5度目ですけど、飲み客にお会いする機会が多い。
でもランチの客に会ったことがない。もったいないなぁ。

P1340416
店内は、右手奥に厨房とカウンター席、左手にテーブル席があります。
今日のように、常連さんが昼酒を楽しんでいることがよくあります。

P1340406
でもここは全面禁煙だから、煙たくて困る、ってことはないのでありがたい。

お店にいるのはフィリピン人のフレンドリーなマスター1人。
もう5度目のとんちゃんは、ランチの常連さんかもね。

さて、土日限定のワンコインランチのメニュー。

P1340894

P1340895
タガログ語と日本語の料理名が書いてあるけど、イマイチ意味がわからない。
それで1回目の記事に料理の内容を簡単に書きましたので、参考にしてください。
 ⇒フィリピンレストランで週末だけのワンコインランチ

前回までにいただいた料理は・・・
1回目は、豚バラ揚げ(レッチョン・カワリ:Lechon Kawali)。
2回目は、バンガス(ミルクフィッシュ)の開き(ダイン・ナ・バンガス:Daing na Bangus)。
3回目は、トヨ(Tuyo)=フィリピンのくさや
4回目は、ビナゴオガンライス(Binagoongan Rice)=小エビの塩辛いためライスと豚バラ揚げ

まだ未食の魚料理、魚の燻製のTinapa(ティナパ)を食べたかったけど、品切れ。
じゃぁ、ということで肉料理のトシログ(Tosilog)にしました。

P1350414
◆Tosilog(トシログ)
トシーノ(Tocino)という豚の漬け焼きとシログ(Silog)のセットです。
シログ(Silog)とは、シナガグ(Sinangag)=ガーリックライスとイトロッグ(Itlog)=目玉焼きのセットのこと。

P1350415
まずはスープから。
トロミがある卵スープで、中華スープみたいにみえます。
スープの味は中華風ではなく、フィリピンの「ブラロ」という牛の骨付き肉を煮出したスープ。
このベースがこのお店の定番スープで、具材は日替わりで、今回は卵スープなわけ。
すごく熱いトロミなので、気を付けて飲まないと火傷しそうです。

P1350418
肉の脇にある野菜(キュウリとトマト)をいただきます。

P1350417
さて、メインのトシーノ(Tocino)。
厚切りの豚バラ肉をタレをつけてテリヤキにしたもの。醤油ベースでやや甘い、甘辛味です。

本来のトシーノは、豚バラ肉をマリネ液に1時間とか一晩漬けて、揚げる、あるいは焼く料理。漬け揚げとか漬け焼き、と呼んだ方がいい料理みたい。赤い色(着色)をしていて、甘辛い料理らしいです。
でも、ここで出されたトシーノは、薄い味で提供しています。

P1350416
が添えられています。トシーノにはをかけて食べるのがいいらしい。
この酢が、酸味が柔らかで、美味しい。
日本の酢じゃないみたいなので、マスターに聞いたら、こんなものを持ってきてくれました。

P1350421
唐辛子やニンニクが入ったスパイスビネガーです。

P1350420
ガーリックライス
フライドガーリックと炒めて、ライスの上にもフライドガーリックがトッピング。
ガーリックがいい香です。

食べ終わってから、マスターに聞いてみました。 
トシーノの味付けはどうやっているのか。そして酢は何を使っているのか。

トシーノの味付けは、フィリピン製のシーズニングを使っているんだって。
そして酢は、サトウキビから作るフィリピンのケインビネガー。それをスパイスビネガーにしている。

P1340414
どっちもこのお店で売られています。
シーズニングは「MamaSita’s」のいろんな種類があるし、酢はスパイスが入ったものも売られています。
食材や調味料を買って帰り、自宅でフィリピン料理を作るのも楽しそうですね。

ごちそうさまでした。

【お得な大容量サイズ】 DATU PUTI VINEGAR ダトゥプティ ビネガー 1000ml

【お得な大容量サイズ】 DATU PUTI VINEGAR ダトゥプティ ビネガー 1000ml

  • 出版社/メーカー: Datu Puti
  • メディア: その他

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 佐貫駅龍ケ崎市駅


 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント